So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ

「わし氏の雑記帳」へお越しいただきありがとうございます。 更新をほとんどしてない、開店休業状態になってます。記事によってはコメント欄を開いていることもありますが、その場合は承認後公開になっています。
前の3件 | -

「はかた号」で東京往復 [鉄道・飛行機]

5~6年ぶりに行われた海上保安庁の観閲式・総合訓練(でも、今回は3管の観閲式・総合訓練)に友の会枠で当たったので、東京に行ってきた。
当選するとは思ってなかったので、急遽「はかた号」を予約して、往復してきた(笑)。
なのに、さっくりとプレミアムシートが取れたので、往復ともプレミアムシート。前回の「はかた号」は2列目だったので、今回は1Aと1B。
結論から言うと、プレミアムシートを取るなら、1列目がよい、かなりいい、とてもいい。というのも、2列目は1列目の傾斜分があるので、空間的に圧迫感がある。だけど、1列目は前は何もないので、斜めってない壁なので、同じスペースでも空間的な圧迫感がない。

hakata01.jpg
わしの隣のブースの1B。写真では分からないけど、2列目はひょいと入ることは出来ないので、1列目はネカフェのブースそのもの。

hakata04.jpg
1列目には前を見ることが出来る窓があるので、かぶりつき展望が楽しめる(笑)。この窓はスイッチで、クリアになったり、白くしたりできる。夜間になるとカーテンが引かれる。
i-PadはOSが更新されてなかった。Wi-Fiは前回はつながりにくかったのと、回数制限があったような気がしたけど、今回は接続回数の制限はなかった。でも、1時間ごとに接続が切れる。Wi-Fiはまぁまぁ使えた。

hakata05.jpg
コンセントは両肘のところに普通のコンセントが1つずつ。窓際にはUSB用の差し込み口が。帰りの「はかた号」はUSBに電気が来てなくて使えなかった。コンセントの部分は生きてた。なので、使えないときがあるのかも。


hakata06.jpg
通路側の肘掛けにはコンセントと前の窓のスイッチがあった。

hakata07.jpg
背面はこんな感じ。ハンガーがあるので、上着をかけることができる。このランプは調光ができるもの。

hakata08.jpg
シートのコントロールパネルとSOSボタン。この座席、マッサージ機能が付いている。
ちらっと見えてる、網ポケットに入っているのは、簡易スリッパ。だけど、このスリッパ結構しっかりしてて、持ち帰ってこの後に泊まった「トレインホステル北斗星」で使った。

hakata09.jpg
夜の開放休憩は佐波川SA。ここを出ると消灯となるけど、プレミアムシートだと、寝たいときに寝れるし、スマホを見たり好き勝手にダラダラ過ごせるので、最高です(笑)。

プレミアムシートでダラダラ過ごして、よく寝れた。
朝の開放休憩は静岡SA。
hakata20.jpg
真正面からの「はかた号」
ここの光線加減はいいので、写真撮影のお時間です(笑)。
hakata21.jpg
hakata22.jpg
「はかた号」の写真をビシバシと撮っていたら、乗客のおばさまに話しかけられたのだが、このおばさま「はかた号」のベテランだった。先代、先々代の「はかた号」を使って、関東方面に行くときは必ず「はかた号」だそうな。先代のプレミアムシートは見晴らしがよかったわねぇ、ということをおっしゃっていて、うらやましい限り。このおばさま、新宿からさらにバスを乗り継いで、山梨方面へ行かれるようで、バス移動だと列車より上下移動と移動距離が少ないので、楽だそうな。そういう考え方もあるなぁと。今ならバスタ新宿でまとまっているので、使いやすくなったそうな。なるほど!

東京行きに「はかた号」は朝の開放休憩から約3時間ほど乗るので、二度寝。その前に富士山をしっかり見た。
hakata24.jpg

hakata23.jpg
かぶりつき窓(笑)は明るい時はこんな感じ。
ダラダラと過ごしたり、二度寝をしたりして過ごした。首都高の渋滞で約1時間ほど余分に堪能することが出来た!

hakata25.jpg
ビジネスシートはこんなシート。覚悟が出来たら、こちらで往復をしてみたい。でも、まだ覚悟が出来てないというか、プレミアムシートの快適さを知ってしまったからなぁ・・・。

バスタ新宿にはコチラのバスとほぼ同着。
hakata26.jpg


そして、観閲式・総合訓練が終わってから、友人とご飯を食べてから新宿へ。新宿駅でどこの出口から出たらいいのか分からず、すでに改札内で迷子。
改札で駅員さんに尋ねて、出る場所を間違えていたみたい。まだ時間があったので、ネカフェでシャワーを。ここのネカフェ、めちゃくちゃ狭かった。都会のど真ん中にあるネカフェはさすがに狭い。

hakata30.jpg
バスタ新宿の行き先案内。満席の表示だったけど、プレミアムシートが1席あいてて、車内で差額を払えば移動できる、というアナウンスがあった。

hakata31.jpg
バスタ新宿に入線してきた「はかた号」。行きは0002号車、帰りは0001号車。帰りの座席は1Bで運転手席側。
帰りは明るい時間に関門橋を渡るので、この部分が見所か?!

帰りの写真は省略。同じ写真ばかりなので。
ということで、往復「はかた号」で行ってきた話。次はビジネスシートにしようかと思うけど、どうしよう・・・。




コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪旅行その2 [船(その他)]

普通な大阪旅行の2日目です。2日目は「水都大阪満喫チケット」という、チケットを利用。
サイト内の説明から引用すると、
「大阪市営地下鉄・ニュートラム・バスが1日乗り放題の「1日乗車券」1枚、3つのクルーズ(アクアライナー・アクアmini・サンタマリア)が1日乗り放題の「クルーズ1日乗船券」1枚、食事や観光施設で楽しめる「バルチケット」3枚がセット」
というお得なチケット。福岡で西鉄が出している「FUKUOKA体験チケット」と似たような感じ。3枚のバルチケットは、ランチと引き替えるか、入場券と引き替えるか、などいろいろ用意されているので、見極めて使うとお得な感じ。

わしはまったくこのチケットの存在は知らず、大阪市内に川のクルーズがたくさんあることも知らなかったので、知っている人がいるとありがたいものです。
ということで、2日目もわしは適当にどこそこ行きたい、と言うだけで、同行者がすべて行程を考えてくれたという、人任せな行程(わしはまったく全行程を把握してなかったので、行き当たりばったり感があった。だが、よくよく考えてみれば、うまく時間配分を考えて無駄がない行程だったことに気づいた。同行者のプランナーとしてのスキルが高すぎて、ひれ伏すわ)。

まずは大阪城にある乗り場に向かい、「アクアライナー」に乗り込む。その前に次に乗る「アクアmini」の乗船券も引き替えておく(満席になっていたので、乗る前に引き替えておいて良かった!)。
「アクアライナー」は天井の低い船。船内はこんな感じ。
osaka2-01.jpg
水面から近いので、船から外を見るとこんな感じ。
osaka2-03.jpg

この船に乗って、中之島の周りをぐるりと回って、乗船した大阪城の横の乗り場に帰ってくるコース。この船、屋根が上下して、天井が低くなる構造。潮の満ち引きの関係で、橋をくぐるときに支障が無いように低くなるみらい。その低くなる写真も撮ったんだけど、どうもスマホもどきで撮ったみたいで、デジカメで撮ってなかった・・・。
(今回、スマホもどきのカメラの性能のよさに気づいてしまって、スマホもどきで結構撮ってた・・・)
この船の乗船時間は55分くらい。

大阪城の乗り場に着いたら、すぐに次の船に乗り継ぎ(笑)。次の船がなかなか衝撃的なフォルム!今回、3隻乗った中でこの船がピカイチだった!で、衝撃的なフォルムはコチラ!!
osaka2-05.jpg
小さい船を三隻合体させて、その上に箱?を乗っけて、船外機を付けた感じ。そして、お庭にあるようなガーデンチェが並べてある。で、この椅子が固定されなくて、並べてあるだけ。
osaka2-14.jpg
船上はこんな感じ。この船が向こうから走ってきた時に、何じゃコレは!とびびった。
後ろに船外機を操るおいちゃんが説明をずっとしてくれるんだけど、その話がおもしろいんだよ。コースのほとんどが高速道路の下を走ってて、何も見るところはないハズなんだけど、おいちゃんの説明がいろいとあって飽きなかった。

では、このクルーズのわしの独断の見所を
osaka2-07.jpg
満潮、干潮で水位が変わるので大阪のど真ん中に閘門があることを初めて知った。このときは閘門の向こう側の水位が高いので、水位を合わせる。
osaka2-08.jpg
水位が同じになったので、進行方向側の門が開いて、先へ進む。閘門体験が出来るとは、なんてお得!閘門好きは行くべし(たぶん)。

先ほど書いたように川の上に高速道路が走っているので、ずっとこういう景色。
osaka2-09.jpg
行けども、行けども高速道路の下。
だがしかし、この景色、あれに似ているんですよ。「パトレイバー2」でこういう場面があったじゃないですか。東京も川の上に高速道路が走ってて、こんな光景の場面があったので、わしの脳内で勝手に再生(笑)。「こ、こ、これはパトレイバーのあの場面じゃないか!!」と1人でテンションが上がるのだが、残念なことに同行者に分かってもらえず・・・。えっ、なんでパトレイバーを見てないの!!??まぁよい。
osaka2-10.jpg
この橋の下の橋って、日本橋っぽくいよね(笑)。と、橋桁の写真ばかりを撮ってた(笑)。
中にはめちゃくちゃ低い橋があって、きゃー頭が!!という勘違いしそうな低い橋。
osaka2-11.jpg
これは低いぞ。

高速道路の下を抜けると、川の名前が変わる。ここが分水嶺か?!
osaka2-12.jpg
道頓堀川に入ります。
道頓堀川に入ると視界が広がって、周りの景色が変わる。
osaka2-13.jpg
ここからの川の両岸がテレビなどなどで見覚えのあるような感じに。
ほとんどの乗客が道頓堀で下船。

そして、有名な看板。
osaka2-15.jpg
この看板、見覚えがあるわ。ここにあったのね。

わしらは最終の湊町リバープレイスで下船。ここのチケット売り場が船だった。
osaka2-16.jpg
ここら周辺はキレイに整備されていて、オシャレな河川敷(?)になってた。
このクルーズはかなりおもしろかった。が、かんかん照りの時はキツイかと思うので、天気によるかなぁ。乗った時は暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい日差しだったのでよかった。

この船を下りてから地下鉄で再び移動。行き先はハルカス。なぜハルカスなのかと・・・。わしが船に乗っているときに、突然「ハルカスの展望台に行ってみたい」と思いついて言ったから。ということで、バルチケット3枚が、ハルカス展望台の入場券に変わったという訳です。
ハルカスの展望台、けっこう賑わってた。エレベーターがえらくスムーズで衝撃がまったくない物で、東芝だろうか、それとも日立か?と話していたら、あっという間に着いた(笑)。
ハルカスの展望台からの眺めは素晴らしいよ。この高さになると、ジオラマ感がすごい。見るのは、環状線と阪和線(笑)。103系のパワーループは昼間には走らないよねぇと、話していたら来た!!
osaka2-17.jpg
真上過ぎて何が何だが分からないけど、パワーループが真っ昼間に走っている!本当は真っ昼間に乗って、写真を撮りたかったけどね!!
osaka2-18.jpg
大阪って高い建物が少ないのか、たまたま写真を撮った方向がそうなのか。たぶん、たまたまなんでしょう。

ハルカスの展望台を満喫してから次の船へ(笑)。
次は天保山から出ている「サンタマリア」という帆船風な船。この周遊船、なんで定期観光船として存在しているんだろか?という謎な船。というのも、大阪湾の倉庫群とか・・・。天保山に護衛艦が入った時に、海側から写真を撮りたいというときにはありがたい存在かもしれないけど、見るべき物が少ないような。その割に結構、人が乗っているので、ますます謎な船。
写真がないのはお察しください(笑)。
が、下船間際にわしは見付けてしまった!!これは写真を撮っておかねば!な被写体を見付けてしまった。たぶん、お気づきかと思いますが、有能な同行者はまったく興味のない分野。なので、移動のためにバス停に行こうとしてるのを、「ちょっと!そこの船が撮りたい!」と引き留めて、周り道。
見たかったのはコチラ。
osaka2-19.jpg
じゃじゃ~ん!「よどぎく」ですよ。日本に3隻しかいなかった灯台見回り船「はなひかり」型の2番船「みちひかり」の区分変更後の「よどぎく」です。マニアの悪い癖が出てしまい、興味が無い同行者に「よどぎく」の説明を語るわし(苦笑)。あはっ、ここでこの巡視艇を見れるとは思わなかったので、ホクホク。あ~見れて良かった(笑)。

で、このまま帰るかと思ったのだけど、昨日からちょっと気になっていたバス路線に乗ることに。ぐるぐる回りながら高い橋を渡ったり、ベタ踏み坂を通ったり、おもしろい路線だった。その途中にすれ違ったバスがこちら。
osaka2-20.jpg
教習車とすれ違い。最後までいろいろ見所のある旅だ。

この後、さらに寄り道をみてから新大阪駅に。電車に乗りながら「あっ、難攻不落の梅田のヨドバシに行くのを忘れた!」ことを思い出した。同行者の「まだ行けるやろ」という言葉もむなしく、途中下車が出来ない切符で入ってしまったので、電車からヨドバシを見るだけ・・・。もしかしてここのヨドバシなら、わしのスマホもどきのケースを選べるくらいあるかも!と期待していたのだが。
新大阪駅のテツ関連のお土産コーナーになんと、電車チョコの箱詰めが売ってた!!在来線バージョンと新幹線バージョンの2パターン。組み合わせはそれぞれ違うアソートだったので、選ぶ楽しみがあるので、電車チョコを買いたい人は要チェック。
新大阪の新幹線の改札で同行者とお別れ。非常にお世話になりました。

ということで、普通(?)な大阪旅行は終了。帰りは早かった。新幹線ってやっぱり早いね!



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪旅行その1 [鉄道・飛行機]

5月の連休の後に普通に大阪へ旅行してきたので、その記録。

当初の予定では連休の間の平日が休みになったので、その時に大阪へ行こうと思っていた。が、予定を変更して実家に「どんたく号」で帰省した。なので、その翌週に大阪に行ってきた。

なぜ大阪なのかと言えば、最近いや去年より知り合いが大阪へフェリーで行っていて、話を聞いていたらフェリー旅がしたくなったから。「ムーンライト号」が休止となったので、大阪に朝に着くにはフェリーかツアーバスくらいしか選択肢がなくなった。
と言うわけで、名門大洋フェリーで出発。
osaka04.jpg
わしが乗ったのは、「フェリーきたきゅうしゅうII」という新しい船。乗ったクラスはツーリストクラスの二段ベッドタイプの部屋。
osaka00.jpg
16人部屋だったかな。箱ベッドが交互にあるので、ある程度のプライバシーは確保されている。壁際のベッドを選択したら、向かい合わせの人がいない。
osaka01.jpg
わしは壁際のベッドを選択したので、向かいの人はいない状態。ドアがあるので、出入りはあるけど、カーテンを閉めてしまえば気になることはなかった。
osaka02.jpg
ベッドはこんな感じ。枕元にコンセントがあるので、スマホの充電もできるけど、船室内では電波が入らないので寝ながらスマホは難しい(wifiもあるけど、接続回数に制限があったり、電波の状態が不安定)。
夜ご飯をレストランで食べたのだけど、わしが食べれるものが少なかったので、夕食は持ち込んだ方がいいのかもしれないなぁ。で、船酔いが始まりそうな感じもあり、いまいちな食事だった。
この日はお風呂に入って、就寝。

朝起きて、身支度をしていたら明石海峡大橋の近くまで来ていたので、展望ラウンジに移動。晴れていたら外で橋の写真を撮るんだけど、このときは九州から雨雲と共に移動してきたので、雨なので外からは断念。橋を船内から見て、大阪南港に着くまでベッドでダラダラ。寝ながら移動できるのはいいね!フェリー旅は楽しいわ。

フェリーターミナルで同行者と合流して、大阪旅行の始まり。今回の大阪旅行は何も行き先などを決めて無いので、出たとこ勝負(笑)。
どこへ行く?ということで、奈良線の103系に乗りたいわしのリクエストにより、奈良線を目指すことに。とりあえず、ニュートラムで住之江公園に移動して、そこで地下鉄に乗り換えるはずだったのだけど、バスターミナルを見る?からバスで難波へ行くことに。ここで驚いたのが、どのICカードでも乗り継ぎ割引で100円値引きが適応されること!西鉄なら、ニモカだけ(無記名ニモカも対象だったかな?)が乗り継ぎ割引なので、大阪でニモカで乗っても割引されるのか!!!と。

JR難波駅からどこから行ったのか忘れたが、奈良線の103系に。わしは大阪の土地勘がなくて、ここら辺は適当に。どこから乗ったのか記憶がなくて、どこかで乗り換えたハズなんだけど・・・。
osaka06.jpg
奈良線の103系を堪能した。奈良線ってなかなかおもしろいねぇ。大阪の街中からすぐに山の中に入っていって、ものすごい山の中の秘境駅のような駅もあったり。しかし、奈良線で京都まで思った以上に遠かった。

どこから写真を撮ったらいいのか謎な京都駅で途中下車。昼食を食べながら、これからどこに行くか考える。わしが専用軌道と併用軌道があって、街中を(普通の)電車が走っている所はどこだっけか?と。京阪電車ということが判明して、お昼からの行き先が決定。

が、寄り道をして嵐山に行って、例の踏切(笑)を見に行こうという話となったのだが、わしがトロッコにまだ乗ったことがなかったので、さらに寄り道。
山陰線で馬堀駅まで行き、トロッコが満席だったらどうするかねぇ・・・と行き当たりばったり。ここから乗る人は少ないようで、空席ありだった。
osaka07.jpg
トロッコが入線してきた。団体客は嵐山から乗ってきて、亀山で降りてバス移動するらしく、その逆は少ない感じだった。
乗った車両は5号車の「ザ・リッチ号」。何がリッチなんだよ!と謎なネーミング。
osaka08.jpg
窓もなくオープンエアーな雨の日は大変になるけど、トロッコ感満載(笑)。
足下はグレーチングで下が見える豪華な仕様(笑)。
osaka09.jpg

暑くもなく寒くもない、ちょうどいいい気温で雨も降ってなかったので、気持ちいいトロッコ旅!
トロッコ嵐山で下車して、例の踏切へ。
osaka11.jpg
普通のなんてことのない踏切だった。この踏切に行く途中に有名な竹林があったけど、人が多すぎて竹林の写真はなし。連休を外してきたのに、京都は人が多い。連休中はどうだったのか恐ろしいわ。
んで、嵐山と言えば渡月橋。
osaka12.jpg
小学校の修学旅行ぶりか?ここも人が多かった。
渡月橋を途中まで渡って、バスを見てから嵐電に。嵐電の発車標に珍しいのがあった。
osaka13.jpg
クロネコさん専用便。ネコ列車を見たかったけど、先があるので発車標を撮っておしまい。嵐電に乗るのは初めて。
観光地を走っているからか、電車は満席。一両ではキツイかなぁ。

途中の嵐電天神川駅で地下鉄東西線に乗り換え。この東西線に京阪電車が乗り入れていて、わしが乗りたかった路線につながっているとは知らなかった。
この辺りの路線は初見殺しというか、山科駅と京阪山科駅がまったく別とか、ややこしい。
乗った車両の写真を撮ったはずなのに残ってない。ので、いきなり浜大津駅まで写真が飛んでた。
osaka14.jpg
浜大津駅の前の交差点。専用軌道から併用軌道になる所も写真を撮ったはずなのに、これも残ってないのはなんでだ?
なかなかワクワクするおもしろい路線だった。乗りに来て良かった!
浜大津駅から琵琶湖を眺めて、きわめて一部な人達で話題になった「ミシガン」の案内看板も見た(笑)。

大阪への戻りは大津駅からJRで。
osaka16.jpg
大回りで大阪から来たけど、大津駅から大阪駅まではすぐだった。しかし、大阪から琵琶湖までの距離が思った以上に近くて驚いたわ。

大阪駅で環状線の103系パワーループが来るかと待ってたけど、なかなか来ない。これを最後にするか・・・と思った所、パワーループが来た!なので、桜島駅まで乗って行って、写真を撮ってから、再び乗って大阪駅へ。
普通(?)な大阪旅行その1はこれにて終了。行き当たりばったりな旅行だったけど、非常に満足度の高い行程だった。土地勘のある人がいなければここまで満足度の高い行程は組めなかったので、土地勘が非常にある同行者に感謝!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -