So-net無料ブログ作成

九州新幹線スタンプラリー(その1) [鉄道・飛行機]

九州新幹線の開業1周年(厳密に言えば、全線開業から1周年)を記念して、九州新幹線内の全駅を巡るスタンプラリーが開催。そして、(まっ、ここが最重要)期日限定で、九州新幹線乗り放題切符、1日1万円というのが発売された。スタンプラリーだけでは、う~んどうしようかなぁと様子見だったのだけど、この乗り放題切符を知って、「やらねば!!」という気分になった。

でも、実施前日は平戸まで旅行に行っているし、乗ろうと思っている当日は16時キックオフのナビスコを見る予定で、すでにチケットも購入済み。なので、ぎりぎりまで迷っていたのだけど、1週間ほど時刻表と格闘して、上り下りを組み合わせる形で、15時までほぼ完了させるダイヤを組んだ。あ、もちろん始発出発は原則です。

前日に博多駅で乗り放題切符を購入して、そのときに博多駅のスタンプをゲット。これで舞台は揃った。前日までしか買えない切符だったので、ここで買い忘れると計画倒れになる。

そして、決行当日。これからは駅の写真ばかりになります。

・行程その1
新鳥栖→熊本(つばめ327号)
「つばめ」なのだけど、車両は「さくら」。なので、車内アナウンスがJR西日本仕様になっていて、乗っていて不思議な気分になった。
さらに、この時間帯は通常は指定席車両も自由席になっているので、この乗り放題切符でも指定席車両に乗ることができた。「さくら」の指定席車両は「レールスターひかり」のように席との間も広く2人掛けなので、ゆったり。
stamp00.jpg
これなら何往復乗ってもいいねぇ~とおもったのだけど、すぐに熊本に到着。まだこの時間は人が少なく、自由席もがらがら。いい時間帯になると、自由席がチケッターだらけになるのは言うまでもない。

stamp01.jpg
熊本駅(新幹線側の駅)
熊本駅には全線開通してからは来たことがなかった、というか、全線開通してからは九州内を乗ったことがないので、実はこれがお初。熊本駅は結構、導線が変わっていた。
stamp02.jpg
在来線側の熊本駅。在来線と新幹線の双方の駅を結ぶ地下道には、クロちゃんだらけ。クロちゃんは黒い犬なのか、水戸岡デザインのキャラクター。

在来線の駅を見て、また新幹線の駅に引き返し。基本的にこのスタンプラリーの旅もとい乗り放題切符の使い込む旅は、スタンプを押して、駅の写真を撮るだけの目的なので、観光の「か」の字もありません。
ということで、駅の構造の写真ばかりです。

基本的には駅の構造は九州新幹線では一緒になってます。
stamp03.jpg
改札を抜けたら、左右にプラットフォームがあって、方向によって右と左に分かれる。改札の真正面の突き当たりにお手洗いがあって、その脇に放射線状のように階段があって、プラットフォームへ行けるようになっている。熊本駅もこの通りで、真正面に見える濃い茶色の壁はお手洗いの入り口の目隠し壁になっている。

stamp05.jpg
プラットフォームも同じような構造になっていて、待避線と追い越し線。この照明は熊本駅だけで、ちょこっとずつだけその駅ごとのデザインがあるので、大きな駅フォーマットは類似してても細かい部分で、その駅の独自色を出している感じ。たぶん、熊本駅はこの照明じゃないかなと思うのだけど、詳しく見ていけばもっとあるはず。天井の枠組みとか。ここは鉄骨で組んであるけど、集積材で組んである駅もある。

stamp04.jpg

駅名標はこのワンセット。上に駅名標があり、下の左側にこの駅の時刻表、右半分には新幹線全体の細かい時刻表。
この時刻表は新幹線とはいえ、在来線並みのダイヤの薄さになっているのは言わないお約束で。基本的には1時間に2本で、30分ごとに1本。かなり時間を見て合わせないと便利な乗り物にはならないかもしれない。まぁ、この1時間に2本はまだある方です。

・行程その2
熊本→新八代(「さくら401号」)
以前は在来線からの乗り換え駅だった「新八代駅」。全線開業して、ホームの使い方は変わったかなぁと期待していた駅。
以前は、プラットフォームの半分しか使用されてなかったのだけど、全部使用されていた。当たり前か。
stamp06.jpg
在来線の駅と新幹線の駅。地下道でつなげるよりか、こっちの隣接バージョンの方がわしはわかりやすいかな。
そして、これが新八代の新幹線時刻表。間違っても在来線ではないですよ。
stamp07.jpg
スカスカです。東海道新幹線の時刻表なんか真っ青の、まさかの1時間に1本。まっ、これが九州新幹線の真の姿です(笑)。

stamp08.jpg
新八代の駅も改札の真正面から線対称にホームへの階段があり、突き当たりにお手洗いというフォーマット。だからどの駅に行っても、迷うことはないという親切設計(といえばいいんだろうか?)。

stamp09.jpg
以前に使用していた在来線からの接続部分。今はフェンスでしまっているけど撤去しているわけではない感じ。
新八代は以前に来ているので、目新しいものは表示くらいか。
ここでキッパーとスタンパーがいた。この時間帯からやや、自由席は満席気味。たぶんほとんどがキッパーだと思うんだけど。

ここからは鹿児島中央まで一つずつの駅を降りて、スタンプを押して、そして次の乗る、というのを繰り返します。
このスタンプラリーで難しかったのは、「筑後船小屋」「新玉名」。熊本から鹿児島中央までの駅は各駅バージョンの新幹線しか停車しないけど、行きやすい。それも午前中に組んだのがよかったんだろうけど。
この後は駅の写真と駅名標だけを出して、省略。

・新水俣駅
stamp12.jpg

新水俣駅で特筆べきことは、全面に押し出した「くまもん」作戦。どこにも出没させているのだが、くまもんの本拠地がここ、水俣ってことはないよね。
stamp14.jpg
トイレの前のまさかのちょっと立体的なくまもん。

stamp15.jpg
そしてトイレ内の壁まで。新幹線の一つの窓にくまもんが入ってて、まさかの新幹線乗車中のくまもん。
あとはホームドアまでにくまもんがあって、駅のそこかしこにくまもんが!駅員さんか、駅長さんがくまもん好きなんだろうか??

・出水駅
stamp17.jpg
テツと地元民でない人は、初めてこの地名を見た時に「いずみ」と読めるんだろうか。
駅構内の写真をだしてないので、分からないと思うのだけど、基本的に駅は閑散としてます。キッパーの集団はどこに行ったんだ?スタンパーがもっといるかと思ったのだけど、駅は閑散として、これが新幹線の駅なのか?と思ってしまう。たぶん、この状況はデフォルトなんでしょう。

出水駅での思い出は改札内の広いコンコース内にぽつんとソファーセットが置いてあったこと。
stamp18.jpg
写真の右端に写っているのはそのソファーセット。何かの見本品で置かれているのかと思ったのだけど、ご自由にお使いくださいになってた。
stamp19.jpg
ややシュールな感じでしょ。「つばめ」のモケットで作られているソファーじゃん!自宅が広い家なら、このソファーセット欲しい・・・と思ってしまった。しかし、一組だけのソファーセットがぽつんと置かれるのは、シュールですよ。

stamp20.jpg
あ、そういえば、書き忘れていたけど、プラットフォームには木製のベンチがあるんだけど、駅によって違いがある。このベンチは分からないけど、水戸岡デザインと思われるベンチが各駅にあった。

・川内駅
stamp23.jpg
川内駅は九州新幹線の駅にしては珍しく、2階部分に改札があって、改札からプラットフォームまでは降りる。ここだけかな。
駅としてはこれまでの駅とは違って、なんとなく活気があったのはなんでだろうか?1階部分には物産を売っているお店もあるので、時間調整にはいい駅。

2階部分に改札があるのはこのせいかもしれない。
stamp24.jpg
津波が来ることがあるのか。津波対策で駅を避難所代わりにしているのかな。そして、川内原発に意外と近い場所に駅はあった。川内駅って実は今回、初めて来たので、以前からこの案内看板があったのかどうかは分からない(以前のスタンプラリーも川内駅は対象駅ではなかったので、スキップしていた)。

川内駅は改札が2階部分にあるので、ほかの駅とは感じが違う。
stamp25.jpg
開放感のある駅になっている。
そして川内は鹿児島中央に近いからなのか、人の往来が結構あった。1時間に2本あるので、出水よりは利用しやすいのかも。

次に鹿児島中央まで乗った「さくら407号」がめちゃ込んでいて、自由席車両の待ち人数がこれまで見たことがない人数になっていた。なので、駅のアナウンスでは指定席車両から乗るように指示があった。たぶん、鹿児島中央に10時半頃に到着する列車なので、観光に使用するキッパーが結構いたんじゃないかな。わしはこの乗り放題切符って、乗りつぶすかスタンプラリーに使うことしかイメージがないのだけど、テツではない方々って、観光の移動手段に乗り放題切符を使うのよね。博多-鹿児島中央の単純往復だけでも元が取れるので、日帰り旅行はできるわな。
そういえば、どっかの駅でスタンプを押している親子が「全部は押せないね」と話しているのを聞いてしまったのだが、わしは「えっ、夕方までには全部、回れるのに、もったいない!」と思ってしまった。その親子もキッパー(乗り放題切符を持っていたから)だったので、そう思ったんだけど、観光にプラスアルファでスタンプラリーもありなんだな、と帰ってきて、職場のスタッフと話をしてて気づいた。

乗車率なんぞは100%を軽く超えている「さくら」に乗って鹿児島中央へ。
さすがに鹿児島中央は込んでいた。これまで見たことがないほどの人。そして、スタンプの置き場所が分かりにくかった。15分しかなかったので、焦ったのだけど、無事に前半戦が終了。

ここから、攻略難関の新玉名・新大牟田・筑後船小屋へ向かいます。

その2へ続く・・・。
コメント(0) 

久々のわしブーム(「Fate/Zero」にはまる) [アニメ・コミック]

久々にわしにブームがやって参りました。いや、ここに書くような内容ではないのだけど、備忘録として。

職場のスタッフにアニメを見ている人がいることを最近になって分かった。これまでこうもアニメについて話せる人は、身近にはいなかったので大歓迎。さらにサッカー観戦が好きな人も見つけ出したので、まだまだいるかもしれない(残念ながらその人はレッズサポであった)。

で、そのアニメ好きのスタッフに去年から「Fate/Zero」がおもしろいので、是非是非でも見て!!と超オススメされていた。わしは今でも新作のアニメはとりあえず、全部録画をしていて、保留の作品については1クール全部を録画している。それでHDDの容量がいつも足りてない、ギリギリなんだけど。なので、見てはいないけど「Fate/Zero」ももちろんのことながら毎週予約済みで、勝手にどんどん録画されてストックされていた。

とりあえずどんな作品なのかを知るために1話とあと数回は見ていたのだけど、録画の時点ではほぼ挫折しかかっていた。なんでかと言いますと・・・

・いつの時代なんだ?これは現代、それとも中世?ハテ???(第1話の最初のアインツベルンのお城のくだりで、わしの思考がストップ。これは「ハリー・ポッター」でも混乱をしたことだけど、こういう設定(?)はわしの理解力を軽くオーバーして思考力ストップ)

・キャスターが登場した時に痛いシーンだったので、こりゃダメだと。(これは「DARKER THAN BLACK」で第1話にポキポキ骨を折られるシーンで、ひぃ~~痛い、痛い、見られない、ということで見るのをやめた、のと同じ)

おおよそ、この2点がわしの限界を突破しまして、これは見ないだろうな・・・と思っていた。すでに「Fate/stay night」もDVD1枚目で挫折していた過去があったので、まぁ同じだろうと。
なので、去年の間ずっとそのスタッフにお勧めされていても、気が向いたらねぇ~と話をスルーしていた。

スルーしたまま3月が巡ってきまして、「2期が始まりますよ。見てください、超オススメだから」と2期が始まるので、是非見てちょのオススメがきた。あ~はいはい、始まるのねぇ、と気にしなかったのだけど、先週の土曜日にHDDの容量がなくなってきたので、整理のためにHDDをチェックすると・・・。

「Fate/Zero」の1期総集編が録画してあって、まずそれを見てみるか。。。と。見ながら、登場人物の把握ができなくなってきたので、ウィキを参照にしながら、登場人物相関図と表を作ってみた。そしたら、俄然よく分かりだして、マスターとサーヴァントの組み合わせを押さえればいけるのね。
したっけ、1期を見ながらウィキを読みながら、猛烈に世界観や設定を頭にインプット。ウィキが細かくいろいろ書いてあるので、その内容を把握するのに時間がかかってしまい、結局土曜日はまったく外に出ず、朝からパソコンの前に座ったまま(笑)。Jリーグタイム以外はずっと録画してあった1期を再生して、リアルタイムなニュースにふれることなく終了。

翌日の日曜日は前作というか元の作品である「Fate/stay night」を知らないと、zeroは理解できないわ、ということを双方のウィキを読みながら到達した結論。
ゲームをするわけにはいかないので、とりあえずコミックをあたるか・・・ということでブックオフへ。あ、その前にzeroの原作である小説は図書館に予約をいれた(ラノベが普通に収蔵されている図書館で助かった)。
ブックオフへ行ったら、8巻まであったので、勢いで全部その場で立ち読みをしてしまったわ(疲れた)。ラノベのコーナーに行ったら、小説が売っていたのでとりあえず1巻を購入。なきゃ本屋で買えばいいか・・・と思ったから。なのに、本屋には売ってなかった。

日曜日も結局、朝から晩までずっとアニメを見て、ウィキを読み込んで、買ってきた小説を読んで・・・で週末が終わってしまった。おっそろしいくらいに急激にはまったので、疲労困憊ですわ。

なんというか、この作品、わしのはまるツボがあふれているんですねぇ。わしは設定が作り込まれている作品が好きなので、これにはまらずして、何にはまろうか、というくらい。

で、今は某巨大掲示板のネタバレ・質問スレッドを読み込み中。やっぱり、ゲームをしないと全部は分からないかなぁと真剣に考え始めた(笑)。しかし、PS2のハードはないし、PCゲームはどこで買うのか分からないし、ダウンロードは失敗したときが面倒だしなぁ・・・と決めきれない。中古でPS2のソフトを見つけたら、誰かにハードを借りて、やってみるのもいいかもしれない。というか、わしはゲームをしたことがないので、最後までできるのか自信がないのが、一番大きな踏み出せない理由。

そして、次にやることは・・・。
やっぱりそこに来るか・・・、の2次創作を探し出すことだね。とりあえず今はせっせと「切嗣・アイリスフィール」の組み合わせで探索中だけど、なかなか引っかからないものだねぇ。いい作品を知っている方は、こそっと拍手で教えてくださいな。

ということで、いつまで続くか分からないけど、わしの探求心が失われるまでこのブームは続くものかと。サッカーシーズンも始まって、もうそろそろフネのシーズンも始まるので、情報収集するべきものが多すぎてネットを回りきれないわ。もっと暇なときにはまっていたらよかったのになぁ、と今更思ってもしょうがない。

最近のわしについてでした。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。