So-net無料ブログ作成

ぎっくり腰体験記 [日記帳]

とうとう、わし、ぎっくり腰デビューをしました。

職場でいつもの掃き掃除をしていて、椅子を机の上に上げようとちょっと腰をひねった時。何かいつもとは違うグキッが来た。おかしいなぁと思いながら、いつもの腰痛がひどくなったのか?くらいにしか思わず、掃除続行。
柄の長いほうきなので、まっすぐ背を伸ばした状態ではいていたので、分からなかったんだよねぇ、たぶん。異変に気がついたのはちり取りにゴミを集めようと思ったのだけど、前に傾けれない・・・。あら、気のせいか?と思い、膝を折って、変な中腰というか妙な直立不動でぎこちなくちり取りへゴミを集める。

まだ、この段階では腰痛が悪化したか?とか、腰を曲げられないのは気のせいか?、いつもの腰痛とは違う痛みがあるのだが・・・、と自分の腰に起きたことがよく分からなかった。

で、決定的になったのは、違うテーブルにあった丸いすをあげようと、腰をかがめようとしても出来ないことに気づいたとき。膝を床につけないとイスを持ち上げることができない。イタイというか、腰が曲げられない。曲げようと思うと、ピキっというか、キヤっという電気が走ったような痛みが走る。こりゃ、いつもの腰痛じゃないと認識。

イスに座りながら、掃き掃除を終わらせて、掃除道具は後で片付けることにして、とりあえずこの状態を誰かに見てもらおうと移動しようと思って歩こうと思ったら、動けない。普通に立つと腰が痛くて、反り返って、手を腰に当てて、もう片方の手を前に出して(幽霊の格好?)バランスを取る、といういかにもぎっくり腰の人になっていたのは今になってみると、笑い話のネタ。

掃除をしていたのが2階だったので、下りの階段がきつかったわ。スタッフルームに入っていったら、わしのいかにもの格好を見て、そこにいたスタッフ全員が「それぎっくり腰」と。速攻でぎっくり腰の時はどうしたらいいのかを調べてくれて、保冷剤をタオルでまいて持ってきてくれた。
こういう負傷者はしょっちゅう出ている職場なので、手すきのスタッフがわしが通っている整骨院に連れて行く手はずを整えてくれた。

とりあえず財布を持っただけで、整骨院へ運び込まれた。1時間ほど待ち時間があったので、運んでくれたスタッフが職場へ状況を報告してくれて、治療が終わったら帰ってもいいよ、と言われましても・・・。財布しか持ってきてませんがな。それにめがねも老眼鏡、職場用のスリッパのまま、ビビ之助も・・・と、電話をしていたスタッフが「あっ・・・」と遠い目。治療中に机の上にある物を全部持ってきてもらい、職場のバンが戻ってきたら、ビビ之助を運んでもらうことに。

治療をしてもらって、テーピングにシップを貼って、終了。このままわしは職場から荷物を持ってきたスタッフと合流して帰宅。

で、ぎっくり腰の大変さはここから。ぎっくり腰って、本当に何をしてもイタイんですよね。寝転んで丸まるようにしてもイタイ、座ってもイタイ、立ってもイタイ。そして、一番困ったのは前にかがむことが出来ないこと。こんなに腰の可動域が狭まるというのは大変なんだというのが分かりました。トイレに行きたくても座るまでに一苦労で、さらに立ち上がるのも一苦労。そして、手を洗おうと思っても蛇口に手が届かない(前屈みができないから)。
動きがめちゃくちゃぎこちなくて、移動するときは腰に手を当てて、反り返って、ソロソロと歩くしかない。

この日はずっと横になって痛みをやり過ごすだけ。堅い床に横向きで寝転んで、腰の隙間に柔らかいタオルを挟み込むとわしは楽でした。
夕方にまた整骨院に行って、背骨のずれを矯正してもらってほんのちょっとはマシになったかもしれない。ぎっくり腰って最初の2~3日は冷やして、安静が一番よいそうで、金曜日にぎっくり腰になったおかげで、この鉄則を守ることができてよかった。これが月曜日とかだったら・・・。

土曜日は寝ても立っても痛みは・・・というのはなくなって、座っているとキツイという状態。なので、土曜日も床に寝て過ごす。なので、撮り溜めてあった「メーデー!」シリーズを一気に見て、HDDの容量を空けることに成功した。
寝転んで過ごしたので、寝転んで何もかも手に届くようにと、床には物が散らかってしまった。寝転び用にレッツさんにキーボードをつなげてネット(笑)。結局、土曜日は外に出ることなく、ひたすら寝ている1日。

日曜日は動きは制限されているけど、座っていても大丈夫になった。でも、まだ前屈みはできなくて、顔を洗う・口をゆすぐ・手を洗うという前かがみに動作が壊滅的にできなかった。いや、本当に前にかがめないんですよ。なんてことはない動作なのに。ぎっくり腰、恐るべしです。
日曜日はコルセットがいいというツイッター情報により、とりあえず安めのコルセットを購入。どこに巻けばいいのかよく分からず、今でも暗中模索。でも、歩くときは楽になる感じ。ここで、勢いにのって、ネットで評判がよさりげな「医者が考案したコルセット」なるものを注文してしまった。観閲式前に余分な出費は控えたかったのに。

月曜日はこのコルセットを装着して出勤。いつもの掃き掃除がやっぱり腰が動かず半分だけで断念。この日の朝も顔を洗うのが大変だった。そして、職場のトイレの手洗いがちょっと低めなため、膝を少々折り曲げてから手を洗うしかなく、これも大変だった。
とりあえず、この日も前屈みになる姿勢はほぼ全滅という状態。
整骨院にも行って、保険外の強めの矯正で良くなることを期待。

火曜日は前日の反動か、体が動かぬ・・・で始まり、腰も痛いけど骨の部分がイタイという感じに。前屈みはちょっと出来るようになって、顔はなんとか洗えるまでになった。
いつもの掃除は前半戦をしてから、後半戦は昼過ぎに分けてする、二段階戦術に変更。というのは、月曜日はお昼過ぎ辺りから、筋肉が暖まってきたのかちょっと動きがよくなったので、昼過ぎならいけるのでは?という目論見があったから。
この予想は的中して、だいぶ可動域が広がって動きが良くなってきた。この日も整骨院へ行って、いつもの保険内の矯正。

水曜日。まだビミョウに前屈みはきついけど、だいぶましになった。コルセットを巻いて、出勤。巻いているうちに、ベストな場所が分かるようになってきたのだけど、そこを翌日も再現できるのが難しい。
コルセットは巻いたまま出勤して、掃除などの体を動かす仕事の時に付けて、座り仕事の時ははずしている。
火曜日に整骨院の先生から、少しは動いた方がいいという話を聞いたので、いつもの半分のコースでウォーキングを再開。
お昼からは腰の痛みが和らいで、動きがスムーズになったような気がする。

木曜日は、起きたときに「動かない・・・」となってしまった。顔を洗うのがやっぱり大変で、前屈みはキツイ。でも、この日は昼からはほぼ痛みもなく、いつもの腰痛程度のじわ~とした痛みがあるだけ。動きもスムーズになって、ちょいぎっくり腰より前に戻った感じ。
整骨院にも行って、だいぶ動きが良くなってますねぇ、でもまだずれている、という評価。痛みがあったらまたきて、痛みがなかったら来週に、ということで毎日通いが解除。

金曜日、すなわち今日。ほぼ戻るかな。腰はちょい痛いけど、動きに制限があるような感じはない。コルセットはしたままで出勤をして掃除をしているけど。
でもなかなかコルセットがフィットしないのは、サイズが合ってないのか、装着の場所が悪いのか・・・。通販で思わず買ってしまったコルセットに期待だな。

ということで、ぎっくり腰になってから3日間はずっと安静して、すぐに整骨院にいったからなのかどうか分からないけど、1週間で元に戻りそうな感じ。でも、こういうときが一番、再発しやすそうなので用心をせねばならない。

共通テーマ:日記・雑感

ゴールデンウィークの出来事 [日記帳]

無事にゴールデンウィークが終了。これで、わしの連休がお盆までありませんよ。今年度からうちの職場は、ハッピーマンデイの月曜祝日が出勤日になった。なので、その代休として今年のゴールデンウィークは9連休になった。

ということで、前半戦は実家に帰省。なんとFDAの水色が来た!!
GW71.jpg
これでFDAの全色搭乗完了。この水色、きれいだわ。

そして、戻る日にコメダの和風喫茶の「おかげ庵」に家族全員で行ってきた。初めて行ったんだけど、おかげ庵が近くにあったらいいなぁというのが家族全員の一致した意見。内装はコメダなんだけど、細かい部分で違っていてコメダ好きには違いを探す楽しみがある。
GW92.jpg
コメダでの豆もおかげ庵バージョン。これは母が頼んだ抹茶とあんみつのセットについていた。
GW90.jpg
これが抹茶セット。抹茶にあんみつなんだけど、母曰く「抹茶だわ。あんみつだわ」感想になってなくて、事実を述べているだけ(笑)。
おかげ庵のウリは抹茶シリーズがあること。コメダにはない。コメダにはつきもののソフトクリームもここでは、抹茶という選択肢がある。
GW91.jpg
なので、シロノワールも抹茶ソフト。シロップも黒蜜。これはミニのシロノワール。ソフトはバニラとのミックスも選択可能。
GW93.jpg
おかげ庵のもう一つのウリである昔ナポリタン。何のこっちゃない、喫茶店で出てくる鉄板スパ。愛知では喫茶店でのスパゲッティはこのスタイル。卵と絡めながら食べるとおいしい。

そして、帰りのFDAはオレンジ。
GW94.jpg
FDAは座席にある安全のしおりは170用と175用の2種類なんだけど、色には関係ないと思っていたのだが・・・。
GW95.jpg
このオレンジ号(パルセイロ号またはエスパルス号←わしだけ名称)にはオレンジの安全のしおりがあった。前からそうだったか、思い出せない。

そして、帰ってきてからはどんたくの体験航海。
1日目は雨でグダグダで終了。
2日目は快晴で逆光だらけ。でも、今年は久しぶりにワクワクできる展示訓練だった。目玉は1管から異動してきた「むろみ」と、対馬保安部に配備されたばかりの「あさじ」。特にわしはこの「むろみ」が見たいと思っていたので、うれしかった。
GW51.jpg
このように真っ暗の写真が大量生産された。

GW53.jpg
疾走する「らいざん」。ネームシップの「らいざん」と一番新しい「あさじ」が同時にいるのはなんだか変だけど、贅沢だわ。
GW57.jpg
「らいざん」型の一番新しい「あさじ」。微妙に違いがありますね。巡視船は数年にわたって作り続けられるので、途中で機能が追加になったり、変更されることがあるのがおもしろい。船によってはまったく違う船になっていることもあるしね。

GW55.jpg
不審船役の「こちかぜ」。この不審船対策訓練は順光なので、見ることが出来る写真が撮れた。

フェアウェルもあったのだけど、船内のアナウンスとは違う方向から来たので、見れなかった。フェアウェルの高速で追い抜くのを見るのがいいんだけどねぇ。
なので、後ろ姿だけ。でも、後ろ姿も美しいよ。
GW60.jpg
「あそ」の真後ろの様子。

GW59.jpg
フェアウェルで高速で追い抜いていく「らいざん」。

GW62.jpg
「あそ」と「あさじ」の後ろ姿。この2隻の後ろってのもいいねぇ、と思った。
体験航海始まりとして、良いスタートを切りました。

そして、翌日は
GW06.jpg
宣伝部鳥を見に「じんつう」を見てきた。
GW01.jpg
「じんつう」はあのパネルを3枚、発見した。

駆け足で振り返る9日間。

拍手コメントをありがとうございます。

=もつ鍋屋で出会った子テツくんへ=

博多のもつ鍋屋で鉄道の話ができて楽しかったです。話の分かる人がいて、わしはとてもうれしかったです。
もし、普通列車だけ1日中乗りたいときは、「九州満喫きっぷ」がお得です。3回(3人)分で1万円なので、1回に付き3500円以上の電車(JRと民鉄)に乗る場合は、この切符が使い勝手がよいです。西鉄にも門司港のトロッコも路面電車も乗れます。子供料金がないので、その点は使い勝手がわるいんですが。

わしはリニア館にブログで書いたとき1回のみで、まだシミュレーターをやってないし、鉄道ジオラマも見てないので、また行きたいと思っています。九州鉄道記念館にもシミュレーターや九州のジオラマがあるので、おもしろいですよ。
またJR九州の列車を乗りに来てください。鹿児島や長崎の路面電車に導入されている、低床車両もオススメなので、路面電車にも乗ってみてね。

=Aさん=
九州新幹線の駅は鹿児島中央や博多、熊本あたりを除けば、たぶん誰が撮っても素材集のような写真を撮ることが出来ますよ(たぶん)。
縦横線が多いですよね。今の駅デザインのトレンドなのか・・・。
トイレのピクトはなぜあの色なのか謎ですが、外側にあるのではなく、その個室の説明だからその色でもいいんかなぁ・・・。
ちなみに博多駅の阪急とアミュプラザのトイレはそれぞれのデザインが違っているので、トイレを巡るのがおもしろいです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

九州新幹線スタンプラリー(その2) [鉄道・飛行機]

九州新幹線スタンプラリーも折り返し地点の鹿児島中央を攻略して、後半戦へいきます。
stamp28.jpg
鹿児島中央で写したのはこの写真1枚だけ。鹿児島中央は基本的には何も変わってなかったと思う。いつも人が多いのか、キッパーが観光で鹿児島へ大集合していたのか、これは定かではない。以前に来たときも鹿児島中央は人が多かったかな。支社が違うと雰囲気が変わるのだけど、宮崎とか鹿児島は北部九州とはかなり駅の感じが違うような気がする。

・鹿児島中央→筑後船小屋(「さくら」552号)
「さくら」でもこの「さくら」はJR九州のだったので、車内放送はJR九州バージョンだった。やっぱり、西日本バージョンを九州内で聞くのは違和感がある。同じことで、西日本管内で東海バージョンの「アンビシャス」を聞くと違和感があると同じ(かな)。その点、東日本の新幹線は他社からの乗り入れがないから、こういうことは起きないだろうなぁ。これも他社が乗り入れていることのおもしろみかもしれない。
stamp70.jpg
新幹線のデッキ側のドアの入り口に所有しているJR各社の名前が付いているので、それをチェックすると分かります。といっても、普通の人にはまったく意味のないコネタ。「のぞみ」でもそうです。

筑後船小屋駅
stamp29.jpg
今回のスタンプラリーで、一番わしが気に入った駅デザインがここ。基本的に九州新幹線の駅のフォルムは一緒なんだけど、配色がわしの好みだった。
そして、ここは在来線と乗り換え可能駅なので、在来線の「筑後船小屋駅」がある。
stamp30.jpg
こっちが在来線の駅。
在来線の駅の隣には立派なトイレの建物が。
stamp71.jpg
こちらトイレです。このトイレのピクトがステキだったので、激写してしまった。トイレで写真を撮っていると不審者に間違われそうなので、人がいないときしか出来ない。でも、誰もいなかったので、セーフ。
stamp72.jpg
ちょっと一言文句を言うならば、ピクトの色が青いってこと。男性用、女性用ってことではなくて、単純にそのトイレの機能(ウォシュレット付き、手すり付き)を示しているだけ。しかし、この色は男性用トイレと変換されてしまうので、もっと中性的な色(たとえばオレンジや緑(これは最近、ユニバーサルトイレの色で使用されているので、間違えやすいかも))であればよかったかなぁと思った。
このピクト、デカイし立体的なのでわかりやすい。意外とこのタイプのピクトは少ないので、写真を撮ってしまった。

肝心の新幹線駅の方は。「筑後船小屋」は新幹線駅の開発をしてから、さらにここを起点に開発をしていきますよ~という感じ。周りを公園などで整備をしている途中。なので、在来線とは逆の出入り口はこんな感じ。
stamp73.jpg
じゃじゃじゃじゃ~ん、何もありません。あ、書き忘れていたけど、これまでの駅は「ちょっと駅前のコンビニまたはお店で何か買えるかな」ということが出来ない。駅前に何もないから。これは新幹線駅の宿命だね。東海道新幹線でたとえるならば、岐阜羽島や三河安城と同じような感じ。
まっ、これからですね。
stamp74.jpg
整備中の裏側(こっち側が表口なのかな?)ぁらみた駅舎。

stamp31.jpg
筑後船小屋駅の改札の風景。所々に写り込んでいるおひな様は、おひな祭りイベントの一環で各駅に、違ったおひな様が飾ってある。ここは吊し雛と段飾り。
新幹線駅なので、自動改札が2つしかないというのは、つまり乗降客数が少ないってことですかね。中は白を基調とした、直線的なスッキリしたデザイン。
stamp32.jpg
改札の突き当たりには、総合案内があって、筑後船小屋の周辺の案内があった。
stamp80.jpg
改札とプラットフォームをつなぐエスカレーターと階段。見た目にスッキリしていると思う。このようなデザインはわしは好きだな。

この駅だけではないのだけど、プラットフォームにある待合室がおもしろい。ここも駅それぞれで少しだけデザインが違っているけど、大きな部分は一緒。
stamp81.jpg
プラットフォームの端よりの通路真ん中にボックスのような物があって、そこが待合室。壁際に作るのではなく、真ん中。両側に線路がある島式なので、こうなるのだけど、プラットフォームににょきっと真ん中にあるのはおもしろい。
stamp82.jpg
この待合室の椅子が駅によって違うのだけど、筑後船小屋はこのデザイン。明らかに水戸岡デザインチックな椅子。
プラットフォームの天井は普通の鉄骨組みで、上はおもしろみがないかな。
stamp33.jpg
所々に1時間に1本は新幹線の時刻表ですよ。これはもう時刻表必須のダイヤ。

筑後船小屋は周りに何もなく、売店も小さいのが駅構内にあるだけ。なので、時間をつぶすものがないけど、ここは駅のデザインがいいので、飽きることはなかった。
この後半戦から、ダイヤが薄い時間帯になってしまったので、駅での滞在時間が1時間くらい必要になる。

・筑後船小屋→新玉名(「つばめ」345号)
お昼過ぎの時間帯になってきたので、列車内はガラガラ。午前中にたくさんいたキッパーはどこに行ってしまったのか?というくらい。自由席にも2~3人くらいしか乗ってなくて、座席の写真が人がいない状態で撮ることができた。
stamp90.jpg
これは初期型の座席。新型とは微妙に違うけど、大きな部分では変わりはない。この座席に座ると、3列シートは座りにくいわ・・・と思う。でも、今回も1駅だけなので、座って、写真を撮れば、もう駅に到着。新幹線とは思えない早さで乗り降りをしていきます(笑)。

新玉名の自動改札で問題発生。
切符の印字スペースがなくなってしまったので、自動改札でピコ~ンとはねられる。新幹線の自動改札って入場と出場の両方が印字されるので、2行は必要。でも、そもそも、新幹線って何ども乗って降りてというのはしないから、こういうことはあり得ないけどね。問題の切符はコチラ。
stamp91.jpg
真っ赤っか。この切符を見て改札の駅員さん「7駅でオーバーするんだねぇ」(入場が一つだけあるので、7駅半かな)「初めて見たよ」とのこと。ということは、この駅には乗りつぶしのキッパーは来てないの?このスタンプラリーをする限りはこうなるハズなんだけど。新玉名を前半戦にもってきたらこういう切符は見ることは出来ないか。これ以後は有人改札のみになります。

stamp35.jpg
新玉名駅
ここは、駅に物産館と軽食を食べることが出来るセルフの食堂があるので、時間つぶしが簡単にできる。ここで、こっぱ餅を買ったのだけど、このスタンプラリーの旅で唯一買ったお土産品(笑)。なんで自分の分も買わなかったのだろうか・・・と駅を出発してから気がついた。
ここは薬草のスパゲッティだったか、薬草がテーマ(?)だったような気がする。

stamp37.jpg
新玉名は鉄骨が向きだしというのではなく、材木(たぶん集積材かな)がルーバーのように取り付けられていて、木のぬくもりがある。ほかの駅のデザインも好きだけど、この木材が要所要所に使用されているのも好き。ようするに、好きではない駅はないってことだが・・・。

改札内の突き当たりの部分におひな様が飾られていた。とってもスッキリしている駅でしょ。もっとも、人が少ないから・・というのもあるかもしれないけど。新玉名駅もほかの駅と同様に、回りに何もない。駅前のコンビニって何?の世界(笑)。改札の脇に売店があるので、食べ物・飲み物の調達には支障はないけど、パン類の種類は少ないかな。ここは物産館と食堂があるので、困ることはないけど。ほかの駅は駅売店頼み。

stamp38.jpg
おひな様が飾ってあるついたての後ろはトイレ。ここのトイレもスッキリしてて、使いやすいトイレだった。駅トイレではここが一番よかった(わし視点で)。

stamp39.jpg
プラットフォームへ上るエスカレーターに乗って、上から俯瞰するとこんな感じ。木材がいいアクセントになっているじゃない。
stamp40.jpg
プラットフォームの屋根にも木材が使用されている。ポイント的に木材が使用されている駅舎というのは、わしは好きだわ、ということで、無駄な写真がここで生産されていた。
stamp41.jpg
新玉名の最後は駅名標。
新玉名は約1時間の待ち時間があったけど、物産館や駅を見ていたらあっという間に過ぎていった。

・新玉名→新大牟田(「つばめ」344号)
こちらも自由席はガラガラ。
stamp93.jpg
空気輸送をしてます(笑)。でも、2枚切符の割引切符だと指定を取ることも可能なので、指定席は人がいるかもしれない。あの大量のキッパーとスタンパーはどこに行ってしまったんだろう?

stamp43.jpg
新大牟田駅。ここは炭鉱からのイメージなのか、黒っぽい煉瓦が使われていた。ちょっと、駅のレイアウトもほかの駅とは違っていて、改札から真正面にトイレがあって、線対称でレイアウトされているのではない。ちょっと駅がコンパクト設計されているのかなぁ。
stamp44.jpg
改札周りはこんな感じ。
stamp45.jpg
改札を入った部分。プラットフォームへのエスカレーターと階段。中二階があるような感じなのかなぁ。ほかの駅とは違っていた。
stamp46.jpg
トイレの目隠し壁も煉瓦でレイアウトされていた。なかなか、おもしろい駅ですよ。

あ、この新大牟田駅は、なんと!駅前(ちょっと離れているけど)にコンビニ(ローソン)がありました。駅前コンビニは久しぶり~と妙な感慨にふけってしまった(笑)。ここでお昼ご飯を調達して駅の待合室で食べた。新玉名で食べればよかったんだけど、新大牟田での待ち合わせ時間が長かったのでやめた。新玉名で食べればよかったかな。

stamp94.jpg
総力を結集して建設をしたんですね、分かります。

stamp47.jpg
新大牟田の駅名標。ここでいったん、スタンプラリーの旅から離脱します。この時点で残すスタンプは久留米のみになりましたよ。このまま続けていたら16時には終了して、その後に鹿児島へ行ってご飯を食べて帰ってこれたな。
stamp48.jpg
新大牟田のプラットフォームはこんな感じ。あら、島式じゃなかったのか、ここは。だから駅全体がコンパクト設計だったのかな。

・スタンプと関係ない区間
新大牟田→新鳥栖(つばめ」346号)
サガン鳥栖と川崎フロンターレのナビスコカップがベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)で開催されるので、これを見に行くために離脱。ナビスコはCSのフジ系列でしか放送されないし、開催日は通常、水曜日なので、なかなか見る機会がないので行ってきた。サガンがJ1に上がったからというのもあるけど。

ここで新型の800系が来た!
stamp96.jpg
うふふ、わしは初めて乗るのよ。初めて乗った車両なので、座席や壁などを激写。幸いにして、自由席には人がいなかった。取り放題。
stamp97.jpg
デッキへのドア。微妙に異なっているのだけど、何となく違うような気がする程度。いろいろバージョンアップはしているはず。

stamp59.jpg
新鳥栖駅に到着。ここから在来線へ乗り継ぎます。ついでに新鳥栖の駅を。
新鳥栖ってあまり使えないんじゃない(本数的に)と思っていたけど、時刻表を見たら、ほかの駅より本数が多いことに気がついた。
stamp52.jpg
改札内のコンコース。改札内から改札方面へ。新鳥栖はちょっと落ち着いた雰囲気で、暗めのタイルとかでデザインされている。青が基調になっているのかもしれないなぁ。トイレの入り口がこんな感じだったので。
stamp53.jpg
トイレの入り口。
stamp55.jpg
新鳥栖駅の駅舎。賞を取ってます。ここの駐車場は1日100円なので、ベアスタへ行くときにここへ車を止めて、在来線で鳥栖駅まで行くのがいいかもしれない(車の場合は)。

試合終了少し前にスタジアムより離脱。スタンパーに復帰します。
・新鳥栖→久留米(つばめ」359号)
stamp60.jpg
久留米も本数的には多いので、いつでも行けるので最後まで残しておいた駅。さらに久留米駅は在来線の駅が同居している、九州新幹線の中では珍しい。鹿児島中央と博多くらいか。併設はあるけど、同居は少ないんだよね。
stamp61.jpg
向かって右側が在来線、左側が新幹線。
stamp64.jpg
改札口から真正面のトイレ方向を見るとこんな感じ。ここも煉瓦が使われている駅デザイン。

stamp62.jpg
駅の正面。久留米駅は在来線もあるので、人通りが多くて閑散としている駅ではなかった。やっぱり駅はある程度の人がいて、活気があるのがいいねぇ。

久留米駅にも物産を売っている売店があるのだけど、そこに久留米の催し物のチラシが置いてあるのだけど、そこにこれが。
stamp63.jpg
久留米にある陸自の幹部候補生学校の記念行事の案内チラシ。行こうかと思ったけど、すっかり忘れていた。

最後の久留米のスタンプを押して、認定証をもらえる応募葉書をもらって、終了。
stamp100.jpg
集めたスタンプ。1ヶ月後に認定証が送られてきた。これにて、わしのスタンプラリーの旅が終了。

20時頃に博多着の新幹線に乗って帰ってきたのだけど、そこにはあふれるほどのキッパーが。どうやら、皆さん、主な目的は観光でこの切符を使うみたいね。このことを職場で話したら「普通はそうでしょう~」と言われた。

つけたし
ベアスタでアウェイ側スタンドには鳥栖市の観光案内ブースがあるんだけど、毎回なのか相手チームの名称をもじったキャッチフレーズがある。
stamp58.jpg
今回は「フロンターレ」が駅の前にあるスタジアムへかけてあった。セレッソ戦は「さくら(セレッソサポのこと)のみなさん、さくらでようこそ鳥栖へ」のような感じだった。グランパスのときはどうなるのか、今から楽しみ(笑)。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。