So-net無料ブログ作成

スタンプラリー攻略戦 [鉄道・飛行機]

スタンプラリー、この挑戦的な単語にわしが反応しないわけがない。

ということで、12月2日からJR九州で挑戦的なスタンプラリーが始まります。
「九州の幸福(しあわせ)な鉄道コレクション」という企画展に合わせた企画なんだけど、これまでとちょっと違う。

これまではスタンプの数によって商品が決まったり、応募できる商品が違っていたりしていた。なので、攻略がしやすい駅や列車だけで下位の賞へ応募ということができた。スタンパー寄りの決定ができた。
でも、これでは難度が下がって、猫も杓子も状態だったのに業を煮やしたのか・・・。

今回のスタンプラリー、ビンゴ形式になっていて、1列賞、3列賞、パーフェクト賞の3つになった。それだけか、と思いきや・・・。
スタンプラリーの台紙を見ると、中心部のマスを必ずゲットしなくてはいけないので、そうなると4列しかない。スタンパーにしてみればパーフェクト賞しか狙う物はないんだけどね(苦笑)。

そして、スタンプの置き場所がアレだ。わし的に攻略が難しいのは、飫肥駅、吉松駅、阿蘇駅の3つ。この3つが難しいのは駅の営業時間は短い、立ち寄るにはダイヤが薄い、乗り継ぎは可能だけどスタンプを押す時間はほぼない、の3つだと思う。このスタンプラリーの大変なポイントは、駅の営業時間内にスタンプを押さないといけないこと。最終で行って、折り返してくるということができない。最終までギリギリまでスタンプ収集に時間をさけないことだな。

さらに難度を上げるのは、特定の列車にもスタンプがあること。まぁこれは、これように発売される3日連続(この連続がニクイ)乗り放題切符で対応可能。指定も4回まで取れるので、なんと太っ腹!と思ったのだけど、早合点だった。指定を取れる列車は指定があり、「ゆふいんの森」「海幸山幸」「A列車」「あそぼーい」の全車指定の列車のみ。まぁ、この4つの列車にもスタンプがあるので、この4つをメインにダイヤを組めばいいからまぁよし。

なので、このスタンプラリー攻略のポイントは特急も乗れる乗り放題切符で特急スタンプを攻略して、ここを軸にダイヤを組むってことだな、と分析。

ということで、特急を中心にスタンプを集めることを軸にして、ダイヤを組み立てた。しかし、3日間では全部のスタンプを集めることがどうしても無理。なので、補完するプランも考えたのだよ。
それは「旅名人の九州満喫切符」ですよ。普通だけに乗り放題で3回分で1万円。まぁ18切符の九州版ですな。でも、この切符はJR以外の九州内の民鉄と第3セクター、路面電車も網羅していること。なので、JRだけで使うのはもったいないけど、しょうがない(いや、その前にすでにおかしいんだけどさ)。18切符のシーズン中なので、18切符も考えたけど、5回も必要がないので満喫切符で。

わしの計画では6回分で、このスタンプラリーに勝利できるはず。
とりあえず、特急の指定は押さえたんだけど、この乗り放題切符の知名度が低いのでは。みどりの窓口で駅員さんが「そんな切符あったかなぁ」とか「どこに入れたんだっけ?」とか。発券までに時間がかかったわ。

ということで、わしの妄想でした。
実行はするのだよ。スタンプラリーがそこにある限り!!負けられない戦いがそこにある。

共通テーマ:日記・雑感

ボーイング787に乗った [鉄道・飛行機]

釧路からの帰りに振り替え便に協力をして、東横インに予定外の宿泊をした翌日。始発から2便目で福岡へ帰ることになったわしであるが、ここで振り替えたことでのメリットが起きた。

なんとですね、乗る予定の機材がコチラなんですよ。
IMG_2999.jpg
機体塗装が派手ではない787ですよ。予期せずこんな早くに787に乗れるとは、運がよろしい。ほとんどがFDA、時たまJALというわしにとっては、787は縁遠い存在なんですよ。なので、乗れるとはワクワクですわ。

しかし、ANAではすでに就航から1年ぐらい経過しているので、ANAの利用者の皆様には今更感が漂うかもしれないな。
でも、初体験は記録をしておかねば(笑)。

IMG_3002.jpg
乗ったあかしの「安全のしおり」。JALだとここに真横からの機体のイラストがあるんだけど、ANAはないのね。ここが残念だわ。

IMG_3003.jpg
座席の背面はこんな感じ。座席の上部にポケットがあるのは、ANAではこうなんだね。787に限らず、このほかの機材でもこのような感じだったので、ANAではこのレイアウトのようです。

んで、座った印象は・・・。
JR東海の座席だな、と思ったわしはテツです(笑)。もっと詳しく説明すると、座った感じがJR東海の新幹線座席、新幹線700系と似たような感じなんです。堅め座面で座り心地が最小限で、ちょい長時間はキツイかな。さすがにモケットは違っていたけど。
乗り心地がいいと言われていたので、座った感じがいいのかと思ったのだけど、期待したよりよくなかったのでわしのテンションはやや低下。

座席に座って見た感じ違うなと思ったのは、荷物入れがちょっと大きいかもしれないってこと。
IMG_3005.jpg
写真では何なんだかよく分からないが。
いやね、この便、朝早いから背広を着たサラリーマンでいっぱいだったんで、あちこち写真を撮る雰囲気ではなかったんです。なので、中途半端な写真ばかり。まぁ、787は就役したばかりだから、まだまだ乗ることはあるでしょう。空間は広い感じがあって、圧迫感はなかったかな。

座席周りについては、これくらいだけど、特筆すべきことが一つあった。
それはわしが座った場所によるのかもしれないけど、振動も騒音も少なくて静かだった。
IMG_3006.jpg
わしが乗った座席はこんな当たり。2列前はプレミアクラスという前方の席だった。

わしはなぜか翼の上とか、前後とか、機体後部とかに乗っている(こういう場所しか残ってないんだよね、なぜか)。そこは例えるならば、列車で言う所のキハだったり、モハのような常に振動と騒音があるんだよね。
でも、今回はグリーン車とか先頭車(運転台のある車両)のような静かさ。なので、離陸前から寝ていたらしく、目が覚めたらすでにドリンクサービスが終わってた。振動と騒音がかなり無くなっていて、これが乗り心地の良さと言われているのかなぁと思った。いつあるか分からないけど、今度は機体後部に乗ってみて、比較をしてみたい。

簡単にわしのボーイング787の初体験の記録でした。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。