So-net無料ブログ作成

サッカー観戦 [サッカー]

わしのブログは開店休業状態なのだが、少なからず見てくださる方がいます。ありがたいことですね。

この開店休業状態のブログは何に引っかかるんだろう?と謎に思って、アクセス解析を久しぶりに見た。
そしたら、サッカーのアウェイ観戦についての記事が多めに引っかかっている。わしもグランパスのアウェイ試合を見るために、どこのシートがいいのか悩む。そもそもホームへ行くより、アウェイへ行く方が多い(距離的にアウェイの方が近いしね)。そういうときに、サポーターシート(立って応援するシート、とおおざっぱなわし的な分け方)ではなく、座ってアウェイチームのグッズを身につけて観戦できる場所はどこか?と。ビジター席の表示があるスタジアムはいいのだけど、ちょっと少なめなんですよね、こういう表記がある場所は。

なので、長年、ジュビロサポをしているOさんにアウェイチームの応援が出来る席ってどのあたり?と聞いた。先達の言うことはありがたい教えよ。
メインでアウェイ寄りであれば、だいたいはどこでもいいんじゃない?というアバウトな教えだった。だがしかし、完全にアウェイチームが隔離されているスタジアムは、グッズは隠して密かに応援するのがいいかもねぇ、と。Oさんは隔離されるアウェイスタへはあまり行かないそうな。
そういう先達の教えも初心者には重要な情報です。まずはアウェイチームに寛容というか、アウェイチーム、ウェルカム!なスタジアムで観戦した方がいいのかもしれない。

わしはこれまで、

・ベストアメニティスタジアム(ベタスタ)サガン鳥栖
・レベルファイブスタジアム(レベスタ)アビスパ福岡
・ノエビアスタジアム神戸 ヴィッセル神戸
・等々力陸上競技場 フロンターレ川崎

の4カ所へグランパスの試合を見に行った。
少ないわしのアウェイ経験で座った場所について、参考になればと思って少しばかりですが、撮ってきた写真を。

・ベストアメニティスタジアム 席種:アウェイサポーター席
away06.jpg
3階席の一番前からはこういう感じでスタジアムを見ることができる。ちなみにベアスタは2階席が立ち見席で、立って応援する場所で、3階席は基本的には座って観戦をする。3階席には屋根がないので、雨が降ったら濡れます。

away08.jpg
2階席の一番後ろから見るとこういう感じ。3階席の座席が屋根になるので、雨には濡れないけど視界が遮られます。

away07.jpg
ゴール裏から見たバックスタンド。ベアスタはメイン・バックともにアウェイよりであれば、アウェイチームのグッズやユニフォームを着ていても大丈夫なような気がする。真ん中よりアウェイよりに座っていれば居心地は悪くないかと。ベアスタはメインもバックもどこでも見やすいので、席種に悩むことは少ないかと思います。

ちなみに、アウェイ用の入り口にはこんな横断幕があります。
away05.jpg
チームごとに書き換えているみたいで、ここから入るとお土産が数量限定でもらえます。わしが行った時は、お米500gだった。ほかにはいちごや小城羊羹が配布されたこともあります。バックスタンドもここから入った方が近い場所もあるので、アウェイサポーターでバックスタンドやメイン側のチケットを持っていたら、ここから入るといいかも(早い時間帯だとお土産がもらえるので)。

さらにベアスタにはアウェイの洗礼がありまして・・・。
away09.jpg
バックスタンドにある売店には、焼酎の水割りロック、ソーダ(たぶんソーダ割りもあったはず)を売っているので、試合前に焼酎に負けることがあります。焼酎も九州各地の銘柄があって、銘柄をしてから水割りなりロックを選べます。でも、わしはまったくお酒が飲めないので、買ったことはないので詳しいことは分かりません。

・レベルファイブスタジアム 席種:S席(アウェイ寄り)
away03.jpg
メイン側のアウェイよりに座っています。このときはグランパスのネームバリューのおかげでほぼ満席になった試合だったので、アウェイよりにはバックにもメインにもグランパスのサポーターやグッズを見につけた人が多かったです。でも、レベスタでは、メインのアウェイ寄りに座った方がよさりげ、なような書き込みをネットで見たことがあるので、ここがいいのかも。

away04.jpg
ゴール裏はこんな感じで、ほとんど傾斜がない感じです。半分がホーム自由席になっているので、ここからバックスタンド側へ抜けるときは、ユニフォームを脱ぐか上から何か着て、分からないようにしないと警備の人に止められます。
ここもゴール裏は屋根がないので、雨だと濡れます。

away02.jpg
メイン側から見た、アウェイゴール裏。ちょうど、半分の横断幕が掲示してない部分がホーム自由席になります。もっと、アウェイサポーターが多いチームだと、ここが全部アウェイになるんでしょうか?固定されているのかな?

・等々力陸上競技場 席種(忘れたけど、メインのアウェイ寄りの指定席)
away00.jpg
メインスタンドのアウェイよりの指定席から見たピッチ。
アウェイよりだからここでいいかなぁと思いながら発券して、どきどきしながら行った思い出が。周りはフロンターレサポとグランパスサポが入り交じっている状態で、ややグランパスサポが多いかな・・・という感じだった。わしの左右と前にはグラサポさん、後ろはフロンターレサポさんだった。

away01.jpg
メイン側から見たゴール裏。
ここも下の席は立って応援、上が座って応援(観戦)という別れ方で、上の自由席でもよかったのだけど、イベントを満喫するために指定席を選んだ。このときはぎりぎり行っても席はある感じだったけど、そのときにならないと分からないので、イベントを満喫したいときは指定席にした方が無難かなぁと、この試合で学んだ。

写真が残っているのは、この3つだけ。
豊田スタジアムについてはこっちの記事を参考にしてください→豊田スタジアムに行ってきた
このときは、メインのカテゴリー2のカテゴリー3寄りの座席。ビジターのゴール裏から見た写真も1枚だけあるので、参考までに。
トヨスタはホームなので、アウェイチームのサポーターはどこに座ったらいいのかは、わしには分からないです。

ワールドカップの予選、コンフェデレーションズカップがあって、一段落したらJリーグのサッカーもいかがでしょう。アウェイチーム見るために行くのはちょっとハードルが高いかもしれないけど、生でサッカーを見ると楽しいですよ。いきなりゴール裏で声を出して、立って応援するのはハードルが高いなぁと思った時は、ビジター自由席とか、アウェイ寄りの席で周りの様子を観察しながら観戦になれていくのもいいかと思います。サッカー観戦の先達がいると、どの席種を買えばいいのかアドバイスをもらえるので、応援しているチームを問わず、観戦の先達を見つけ出すのもいいかと。

どの程度、この記事が役に立つか分からないけど、サッカー観戦に興味を持って、スタジアムへ行く人がちょっとでも多くなるといいなぁと願ってます。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コナンと図書館戦争を見た [日記帳]

今更ですが、「名探偵コナン絶海の探偵」と「図書館戦争」の映画を見てきた感想を・・・。今更過ぎるので、思いっきりネタバレで進行します。

まずは「名探偵コナン絶海の探偵」から。
わしはコナンの映画はテレビで放送されたのをちらっと見るか、海保が出てきた話くらいしか見たことがない。なので、当初はテレビで放送されたら見ればいいかぁと思っていた。だけど、公開前の番宣を見たら、結構「あたご」が描かれているみたい、ということが分かったので見に行くことに。ちょうどGWの平日に休みで暇だったし。

映画は「あたご」(劇中では「ほたか」)が思いっきり描かれてて、ほほ~~~とそれだけで見入っていた(笑)。それにCICも細かく描かれていたので、ほほ~~CICはそうなっているのか、と記憶に残るようにしっかり見た。
いや、その前に映画を見ながら一人で頭の中ではツッコミ。

ツッコミその1:「ほたか」
「ほたか」って海保っぽいネーミングで、護衛艦ぽくない。もっと護衛艦っぽい名前にしてほしかった。「ほたか」って名前が言われる度にわしの頭の中では「つるぎ」型に再生されるわ。「ほたか」と言えばこの船だよ>「つるぎ」型

ツッコミその2:作業服が全員幹部じゃん!(ただし肩章に限る)
「ほたか」の乗組員が来ている作業服が下士官用の明るい青色なのに、なぜか肩章が幹部。幹部も幹部用の作業服を着てない(と、思ったが、わしの見落としている?)。まぁそれを書き分けるのは大変よねぇと思いながらも、何で全員幹部なんだよと。

ツッコミその3:海保の1種は黒じゃない!
基本的にこの映画、自衛隊は全面協力だが、海保には何も通してないんじゃないかと・・・。エンドロールにも海上保安庁の名前はなかった(はず)。海保の1種の制服は濃紺なんだよ!!単体で見ていると黒っぽいけど、漆黒の海自の制服と並ぶと、紺色というのが際立つのだが、同じ色ってどうなのよ。ネットでちょっと検索をかければ濃紺の制服ってことは分かるんだけどねぇ。海保サイドももうちょっとこだわって描いて欲しかった。
ついでに制服に付いているはずのバッチ類もちゃんと描いてなかったな。

ツッコミその4:3種で来い
基本的に海保は冬は3種、夏は4種が制服になって、1種はほとんど着ることはない(エライ人は着ることはあると思うけど)ということを風の噂で聞いたことがある。映画の冒頭で出てきた海保職員は3種を着ていたんだが・・・。他社の船に行くときは1種で行くんじゃない?という雰囲気で描いているんじゃないかなぁと勝手に想像。この映画のシチュエーションでは捜査できている訳なので、やっぱりここは3種で描くべきだったんじゃないかと思うなぁ。

要するにわしのツッコミは海保の描き方が適当だったことへの反発かな。そして、わしのこの映画への最大の疑問
「殺人事件が護衛艦で起きているのに、なんで海自が全面協力をするんだ?!」
映画の最後でこの疑問が解決しましたね。この映画のオチにビックリだよ。

「海保職員の業務上過失致死」だったから海自の全面協力だったんだな。このオチで納得したわ。それにしても海保サイドはこの映画を見て、どう思ったのかが聞いてみたい。

しかし、ツッコミばかりではない。エンドロールに実写パートがあり、それが映画館の大画面で見れてよかった。ここの実写パートが超かっこいいんだよ。航行している船を空撮しているんだが、それがめちゃくちゃよい。これは大画面で見る価値はある。
というわけで、見に行ってよかった映画だった。


そして、話は変わって「図書館戦争」を見てきた感想。
アニメの「図書館戦争」は見ていたのだけど、ほぼ途中でリタイアしてしまった作品。なので、実写をわざわざ映画館へ行って見ることもないかなぁと思っていた。これはコナンと同じ。
しかし、装備品好きであれば見てもおもしろいかもよ、というコメントを違う場所でいただいたのと、ちょうど時間が空いてて上映開始の時間とあっていたので見てきた。

内容はともかく、「あの図書館はどこどこ??行ってみたい」というのが気になって仕方がなかった。スロープと階段の合わせ技の閲覧室の構造美が素晴らしい。愛知県図書館はもっと直線的な構造なので、ああいった曲線っぽい丸みを帯びた感じの大規模図書館にあこがれるわ。

そしてもう一つ、気になってきになって仕方がなかったこと。帽子を被ってないのに敬礼はおかしいでしょ、ということ。すでにわしの思考はマニア的になっているのかもしれないけど、図書隊って制帽はないんかい?!と思っていたら、告別式の時に被っていたのであるにはあるらしい。識別帽でも被っていれば敬礼ももっときれいにきまっているのではないだろうか。
帽子つながりで、ヘルメットのゴーグル。戦闘時になんでゴーグルをしないんだよ!!と何度、声を出さずにツッコミを入れたことか。弾や破片から目を守るためのゴーグルでしょ、なぜ今使わない!それが気になって気になって話しに入り込めなかったわしがいる(苦笑)。

装備的には図書隊が自衛隊装備で、良化隊の方は米軍よりの装備なのかなぁと思った。兵員輸送にしても、図書隊は陸自のあのトラックだったけど、良化隊はアメリカのスクールバスっぽいもので兵員輸送をしていたのでそう思った。

あとはUH-60Jでコンテナを運んでいたのにびっくりした。あれはつり上げて輸送する揚力を持っているのか、と。たしか、あのUH-60Jは目達原駐屯地のを使っているはず。

いろいろ気になって話しに入り込めてないわしであれが、全体的な感想としては、パトレイバーの映画版その2のようなものかなぁと。当事者となっている人や関係者はものすごくそれぞれの危機感や、使命で動いているのだけど、大勢の国民は無関心というのが言いたいことかなと。図書隊の関東基地(?)に良化隊が奇襲じゃなく、本を接収に来たときに図書館へ来ていた人が「また戦争ごっこかよ」と半ばあきれ顔で言った台詞がすべてを表現してるような気がした。回り回って直接的にか、間接的にそれぞれに及ぼす事柄であるけど、物事が大きすぎていまいち主体的に実際的にどうなのかと具体的に考えることができないんだと思う。何事にも関心を持って、無関心でいてはいけない、ということを言いたかったんじゃなかろうかと・・・映画を見終わって思った。

映画を見終わって、まだ伏線が回収されてないような気がしたので、原作をあたるかと思って調べたら、まだ続きが本ではあったのね。てっきり図書館戦争の1冊で話が終わっているのかと思った。なので、早速、全部の本を図書館に予約を入れた。

コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。