So-net無料ブログ作成
検索選択

「500 Type EVA」に乗ってきた [鉄道・飛行機]

東広島に行って、ここはそんなに人は乗らないよねぇと思っていたのだけど、予想外に多くの人がプラットフォームにいるじゃないですか?!もしかして、わしは時間を間違えて違う普通な「こだま」を待っているんじゃないのか?!と自分を疑い出す始末(笑)。でも放送で1号車は乗車できません、という案内があったので間違ってない、と自分に言い聞かせる小心者のわし。
結果的には、500系エヴァを見るために来た人、たまたま時間がちょうどいいので乗る人が半々くらいな感じだった。

500系エヴァが入線してきて、ネットで見ていたけど格好いい塗装じゃないですか!でも、写真は撮りにくいけど。
で、ここでお正月以来の同行者と合流。いやぁ~実に豪華、話し相手のいる乗りテツな旅。
合流してそのまま1号車見学者の待機席へ。この記事を書いている時点(2016年3月中旬)では、1号車の展示部分は予約がいらなくなったけど、乗った時は予約制。駅間ごとに予約(抽選)を入れて、当選した人は見学する区間の1駅前に待機席にいるように指示。コックピットの体験はハズレた。
eva48.jpg
eva45.jpg
この席に座って、案内されるまで待ちます。待っているときに、確認と入室許可のカードホルダーを渡されます。
eva44.jpg
地味にこのカードとネックストラップの出来が良くて、売ってないのか?!と思った。ネックストラップは製品化されてそうだけど、キオスクでチェックするのを忘れた。いつも、こればっかり。

eva47.jpg
2号車はエヴァ仕様なので、こんな感じ。
eva46.jpg
窓の日差しよけもこんな感じでネルフ仕様。ゲンドウ仕様も見たけど、人が多くて写真が撮れず。そんなことが多いので、もう一度乗らないといけないみたい。

広島ー新岩国の駅間での見学を予約していたので、広島駅出発後に1号車に案内されます。いよいよですよ。
eva49.jpg
eva50.jpg
1号車と2号車は随所にこういった物があるので、見落とせない。

1号車のドアがシャキーンと開いたら、目の前にどーん!
eva51.jpg
椅子がないと500系でも広く感じる。というか、これ新幹線の中です。微妙に揺れてる状態で写真を撮っているけど、写真だけを見ると新幹線の中とは思えないな。
向かって右側に新幹線とエヴァの説明パネル、左側がジオラマの展示。パネルは新幹線の説明をしつつもエヴァの説明も掛け合わせてな感じ。

ではまずパネルから
eva55.jpg
eva56.jpg
こんな説明パネルが6枚並べてあって、読むとなかなかにおもしろい。でも、窓がないから今どこなのか分からないから、ひたすら写真を撮る(笑)。
このときはわしらを含めて3組くらいの見学だったので、人が少なくて写真も撮りやすくてよかった。そのうち1組はコックピットの当選者なので、この展示部分にはいないです。予約制がなくなって、人の混雑具合がどうなるか?!

eva57.jpg
展示ルームの突き当たりに写真撮影のスポットがあって、歴代新幹線が並んだすごい写真が。こんな写真撮ってみたい!キャラのパネルは変わるみたいで、このときはアスカさんでしたわ。
黄色ののれんの先にコックピットがあるのだけど、こののれん、わしの部屋の前にかけたいわ(笑)。

そして、見てて飽きないジオラマの出来が非常にいい。エヴァのスケールに併せてあるのか、エヴァの横幅は標準軌の3両分かよ!ということも分かるのが、これ。
eva53.jpg
新幹線が勢揃いってのがいいね。「さくら」編成はちゃんと高架の上にいるのがニクイ演出です。
真上から見ると、
eva59.jpg
新幹線ちっさ!!となるくらいエヴァはでかかったのか。そりゃ、内部電源で1分くらいしか持たないもんだわ。

で、この新幹線車両基地(モデルは博多総合車両所のはず)の下にはこれがるとな。
eva52.jpg
車両基地の地下にエヴァの格納庫があったのかよ!(笑)
同じ縮尺で作ってあるはずなので、やっぱりエヴァでかい!この格納庫の端っこに気になるコンテナが!
eva65.jpg
貨物のコンテナがこんな所にある。このジオラマ、エヴァの大きさに合わせてあるので、ほかの物が小さく見えるのだけど、きっちり作ってあるのがおもしろい。
eva63.jpg
eva64.jpg
フォークリストに新幹線の車軸などなど、こういう細かい部分がおもしろいので、この部分だけ撮っていたらエヴァとの比較写真がなかった。やっぱりまた乗れなければ。
新幹線の整備をしている下で、エヴァの整備もしていたんだな(笑)。

と、まぁジオラマをずっと見ていられるくらい飽きない。
新岩国に近づいてきて、コックピット体験が終わったので、ということで見学だけできた。
eva66.jpg
これがエヴァのコックピットじゃ。大きすぎて、広角と壁のすみに行かないと撮れない。体験はハズレたけど、見ることは出来て良かった。

と、あっという間に時間終了。写真はあげてないけど、案内のおねーさんのエプロンも特別仕様。隅から隅までキレイにエヴァ仕様になっているので、見てて飽きない。なので、一見の価値あり。
1号車以外にもネルフのマークがあるので、宝探しのように目を光らせないといけない。
eva69.jpg
ゴミ箱もネルフ仕様。

eva71.jpg
eva72.jpg
喫煙ルームにも仕掛けがあるんだけど、鏡で自分が写り込むので写真には不向き(笑)。
一緒にたばこをする疑似体験ができるはずなんだけど、わしはたばこが苦手なもので・・・。

ということで、車内はこんな感じ。一駅だけでも乗って見てみる価値はあるのでは?しかし、エヴァや新幹線にう~ん、な人はどうかなぁ・・・だけど。

ものすごく難しい駅撮りをした外側はこんな感じ。
eva20.jpg
eva76.jpg
安全柵のない駅で、反対側のホームから撮るか、流し撮りをするかしないと上手くは撮れないんじゃないかと。駅撮り泣かせの車両だわ。

あの「新岩国駅」で長めの停車があるので、前から順番に写真を撮って行ったんだけど、パノラマでつなげないと、何じゃこりゃ?!な写真ができあがってしまった。
お正月の時の思い出の新岩国駅で写真を撮って、8号車に移動。そりゃ~、お正月の時はお子様に大人気だった子供運転台を見るためですよ。
eva74.jpg
おほほほ~、子供運転台を独り占め~。しかし、この2週間後に・・・。

とりあえず見る物は見たし、で、博多まで移動なのだが、話し相手がいると時間が早く感じるのは不思議だな。ほぼアクセル全開でテツ話が出来て、楽しいひとときでございました。いやまぁ、わしはこのときも結局は話し足りなかったので、これは「こだま」で新大阪~博多に乗るしかないな。いや、わしが良くても一緒に乗る人がやめといて!と言われる可能性大かもしれないが。

話はしながらも撮る物は撮る。
eva75.jpg
たぶん、この先わしは乗降する可能性は低い「厚狭駅」の駅名標を撮っておく。駅目当てにしないと、来なさそう駅だしね。
「厚狭駅」でさらに車両を移動。
eva78.jpg
以前のブッフェ跡地を見て、500系にこんな設備があったのか!と。

博多駅に到着後、指定席から自由席へのクラスチェンジを見るために6号車へ移動。
eva82.jpg
博多駅到着すぐは指定席だけど、これはこのまま博多南へ行くので・・・

eva83.jpg
6号車は自由席へクラスチェンジ!写真が見にくいけど。
で、この6号車は旧グリーン車なので、座席が豪華!
eva81.jpg
重厚感あふれる座席で、ゆったりしているし、振動は少ないし、静かだし、階段は近いしで、全席自由なら6号車。指定をとるなら6号車(ただし500系に限る、だけど)。
6号車でそのまま「博多南」まで乗って、とりあえず500系エヴァの旅は終了。

博多南では
eva88.jpg
700系を探せ!な面々の並びに興奮。
eva90.jpg
500系が2両並んでいる!というのに興奮し、いい駅だねぇ(笑)。
博多ー博多南はたった300円で「6ータ」が手に入る貴重な路線でもありますよ。再び、別の編成の500系で博多駅へ戻り、本当に終了。

おまけ
その後、博多駅のネット予約の受け取り用券売機が感熱紙になってて、「ああ感熱紙!」と券売機の前で妙な盛り上がりしたのが、わし的ハイライト(笑)。
印字がキレイすぎるコレをJR九州でもぜひ入れて欲しい。
eva91.jpg
ICカード未対応の券売機はまだ健在です。


コメント(0) 

「500 TYPE EVA」のために東広島へ [鉄道・飛行機]

2月のある日、「500 TYPE EVA」500系エヴァのこだまに乗るために、東広島駅まで行ってきた。東広島までどうやって行くのか考えた結果、高速バス「広福ライナー」で広島駅まで行ってから、新幹線で一駅行く、に落ち着いた。
最初は広島で乗る予定だったけど、広島駅で2時間ほど空くのでもったいない、ということで一駅先まで行くことに。

では、まずはバスから(笑)。
博多バスターミナルに午前7時半に出発する始発に乗り込んだ。ある日と書いておきながらなんだけど、同じバスに広島と川崎のサポーターさんが乗車されていた。このバスに乗れば、エディオンスタの近くで降車バス停があるので、広島駅まで行かなくても直接アクセス可能。わしも広島戦を見に行くのであれば、このバスは使える!と記憶、記憶。

バスの乗車率は50%前後かな。
開放休憩は吉志PAと下松PA。PAでは(わしは)バス撮影会。

eva00.jpg
eva01.jpg

左右から撮ってみたけど、バスの撮影方法がよく分からないので、船方式で斜め前からのアングルで撮ってみた(笑)。わしはバスの車種は分からないので、このあたりは軽くスルー。わし以外にもバス撮影会をしている乗客の方がいたので、バスの撮影は普通なことなんでは・・・。

吉志PAで撮ったのだけど、ここのPAはトイレが近代化改修されてまして、最近の視覚的構造がしっかり入ったトイレとなってました。
そして、いつものゴミ箱。
eva02.jpg
惜しいよねぇ、このゴミ箱。もうちょっと視覚的に明瞭化したら捨てやすいゴミ箱になると思うんだけどねぇ。上面と全面の色を統一したらいいのにねぇ。と、(自称)ゴミ箱評論家のわしでした。

そして、バスの車内はこんな感じ。
eva03.jpg
バスの後ろの方はお手洗いスペース。中を見るために使ってみるべきだったな。

バス旅もよかですな。
広島駅に着いて、まずは広電の低床車を見るために駅前へ、
「PICCOLO」「PICCOLA」「GREEN MOVER LEX」を見たかったんだけど、来なかった・・・。
来たのは、「Green Liner」
eva06.jpg

「GREEN MOVER」
eva07.jpg

の2つだけ。東広島まで行かなきゃ粘ることも出来たけど、今回はコチラがメインではないのでしょうが無い。
それでは、久しぶりの広島駅へ、
eva04.jpg
外見は変わりは無いのですが、内部は絶賛工事中で、確かココには改札があったのでは?
eva08.jpg
いろいろ変わりそうな予感で、改札内は変わってましたわ。

eva09.jpg
この案内は健在でした。

改札内は変わってて、東日本的な感じになってて、わしの好きなパターン!ということで、新幹線改札までに写真を撮って、撮って、先へなかなか進めない。
eva12.jpg
いつの間にかラインカラーが導入されてて、それがプラットフォームへの案内に。惜しいのは、側面のラインカラーが同じ太さでないことなんだけど、これは理由はあるんだろうか?
フォントはたぶんUDフォントかな。
eva13.jpg
えらくスッキリしてて、イメージなんじゃないかという写真写りになったけど、実際の物を撮ってます(笑)。

eva15.jpg
発車時間の案内にもラインカラーが。でも、この路線のアルファベットの規則性が見えないのは、むずむず感が。芸備線がなんで「P」なのか、謎が知りたい。
eva17.jpg
なぜ、3つも同じ番線があるのか、最初見た時はハテナになった。奧に付け足して9番線があるのか?と思って見に行きたかったけど、写真を撮り過ぎて時間がなくて断念。熊本駅のような感じなのかねぇ?とこの記事を書きながらイメージしたのだけど、どうなんでしょうか。

ラインカラーにテンションアゲageなわしであるが、広島駅でもアゲageな様子。
eva16.jpg
グッドデザイン賞を受賞したようで、でかでかと表示がありました。この新しい227系は下関に大量にあった、「下関にステンレス!!!」と1人盛り上がってました(笑)。

eva11.jpg
改札内にあった、発車時刻案内。路線がたくさんあるから、端から端まで。こっちではこういうのは見かけないので、物珍しさに撮っていた。でも、どこかであったよな・・・と思い出せそうで思い出せないもどかしい気分。

見る物すべてが新しいので、写真を撮りまくり。
だがしかし、わし、一昨年に広島駅に来てた。すっかり忘れていたけど。でも、そのときは昔ながらの駅だったけど、去年に工事が完了したのか?!

ようやく、新幹線改札。
eva18.jpg
わしは「うらが白いきっぷ」を持っていたので、有人改札へ。この1区間のために「うらが白いきっぷ」を作ってきたのだよ。手書きの補充券で新幹線に乗るのは初めてだし、手に入れるのも初めて。もったいなくて広島駅で新しくマルス券を買おうかと思ったくらい。しかし、この切符にスタンプが入った状態で写真を撮りたい、見たい、というのが勝ってしまって、これで入場。切符だけで楽しめる(笑)。

難なく入場して、新幹線を見ますよ。
eva19.jpg
いつも考える「その他のゴミ」って何って。
このゴミ箱はJR東日本とJR西日本の共通っぽいのだけど、制作元は一緒なんだろうか、といつも思うんだけど・・・。下の会社名が違うくらい。JR九州ではまだこの中身が見えるゴミ箱は、わしは見かけたことがなくて、九州はまだ平和だねぇといつも思う。
eva38.jpg
たぶん、これがJR西日本のゴミ箱のオールラインナップ。投入口が全部違う形で、構造化をしているのだけど、惜しいかな、あのJR東日本の素晴らしいゴミ箱のような明瞭化が足りないんだよねぇ。あと、文字の視認性が低いから、近寄らないと、どのゴミを入れるべきか分かりにくいのも惜しい。
その点、JR九州の白いゴミ箱は文字の視認性がよい。
上のゴミ箱より前面の開口部が大きくなっているので、こっちは新しいバージョンか?!

プラットフォームに上がって、乗る新幹線を。
eva27.jpg
レールスターでした。「いつまであると思うな、レールスター」なので、お正月に堪能したけどまたしても写真を。
eva25.jpg
eva28.jpg
きらっと輝くロゴもきっちと押さえていかないとね。

eva29.jpg
以前の指定席だった自由席でたった1駅だけ行きますよ。写真は今も昔も自由席。
意外と乗車率がよくて、「こだま」の需要も高いんだなぁと思った。でも、この「こだま」らしいマッタリ感がよいですよ。のんびり、鈍行列車での旅の新幹線バージョン。全体的にのんびり感があるので、新幹線ではない感じがする。

あっという間に東広島駅。
eva36.jpg
お正月に新幹線単独駅巡りで来た駅です。あのときは暗くなっていたので、明るい様子も見たかったので、ちょうどよかった。
eva35.jpg
安全柵がないので、駅撮りに最適ですよ。線路がまっすぐだから、普通の感じになると思うけど。

東広島駅で驚いたのは、これ!!
eva39.jpg
なんじゃこれは!ごっつい物理的構造化を施してあるなぁ、と思ったけど、もしかしてこれはエスカレーターを入れる予定が・・・、のパターンか?!その割には狭いような気がするけど、気になる。

eva40.jpg
東広島駅の外見はこんな感じ。なんとなく、新幹線駅っぽくない感じのある駅舎。

この駅でわしの貴重な「うらが白いきっぷ」が回収されてしまい、窓口で写真を撮らせてもらった(笑)。回収をしなくてはいけない決まりだそうな。さよ~なら、切符。
切符ついでに窓口周りはこんな感じ。
eva42.jpg
山小屋っぽい、何度も言うけど新幹線っぽくない駅舎です。
eva41.jpg
自動券売機の案内がものすごくデカイのはなぜだ?!緑の券売機に後付けのように「JR九州インターネット列車予約」のシールが貼られているので、ここでも受け取れたのか。九州内で完結する切符もこの端末で受け取れるのか、気になるけど、わしは人柱にはなれないな(笑)。
下関・博多南で右2台の青い自動券売機と同じのがあって、切符の印字がキレイすぎて感動。普通の切符だけど、帰ってから速攻で切符保存用のアルバムに貼ってしまったわ。中は一緒だと思うけど、ここでも入場券を買っておけばよかった。

入線の時間となったので、新しい切符で入場。そして、500系エヴァに乗車は次の記事へ続く!

最後に
eva43.jpg
このポスター、いい。Nゲージを歴代の新幹線を順番に並べているだけだと思うけど、分かりやすくてスッキリしてていいポスターだと思う。


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。