So-net無料ブログ作成

名松線に乗ってきた [鉄道・飛行機]

2016年3月26日のダイヤ改正で、6年半ぶりに復旧をした名松線に翌日の27日に乗ってきた話。実は、前日の26日は祖父の法事があって、実家に帰省をしていた。戻りの飛行機は夕方なので、翌日の約1日何も用事がないので、「青空フリーパス」を使って乗ってきた。
「青空フリーパス」は名古屋駅を周辺に乗り放題区間が設定してあり、太っ腹なことに伊勢鉄道線まで入っていること。なので、「快速みえ」を乗った時に伊勢鉄道線課金(笑)で驚くこともない。JR東海管内では貴重な乗り放題切符。
それでは、名松線に乗ってきた話を。

まずは、なぜかいつも撮ってなかった名古屋駅の駅名標から。
meisho01.jpg
とっても東海です(笑)。駅名標のフォントも国鉄フォントらしき丸い文字でした。これまで気がつかなかったけど、そうだねぇ。

お久しぶりの「快速みえ」のキハ75
meisho02.jpg
meisho03.jpg
頑なに国鉄フォントを継承するJR東海。国鉄フォントだと古い車両の名残か?!と九州にいると思ってしまうのだけど、新しくても古き良き時代(?)の国鉄フォントです。
meisho07.jpg
meisho08.jpg
平成5年製造でもこのフォントです。この丸っこい文字、好きです。

ではキハ75の車内を。
meisho05.jpg
前面展望もバッチリ。この場所に案内板があるのが新鮮。
meisho06.jpg
ちょっと高級感のありそうな色合いのモケットです。座り心地はまぁまぁ。313系が座り心地がよかったので、それには劣るかも。わしの感覚では、ですが。

隣に座った方に「桑名はどのくらいで着きますか?」と聞かれて、ささっと大判の時刻表で確認をして答えたのだけど、「うわぁ~こいつやばいんとちゃうか」とか思われなかったのか、答えてから気がついた。実は実家に帰省の際に、飛行機内や実家での暇な時間に読もうと思って、改正の時刻表(それも大判)を持ってきたんです(苦笑)。わしが帰ってきて、キャリーケースから大判時刻表を出して、読み出したことに驚かない母は、ある意味訓練されてますな(笑)。

無事に松阪に到着。松阪に来たのはうん十年前に18切符で名松線と参宮線を攻略して以来。松阪牛関連の駅弁を今なら買える、あのときとは違う!と思ってきたのだけど、今回も買えず(値段と大きさにビビって)。
meisho16.jpg
松阪の駅名標、上にあったので撮りにくかった。「快速みえ」から名松線の乗り換えは結構な時間があったので、まだこの時点では人はまばら。亀山経由の関西線が到着したら、人があふれてきた。

meisho15.jpg
6年半ぶりの「伊勢奥津」までの行き先表示の幕。復旧してから思ったけど、「家城(いえき)」までの時も乗りにこればよかったな、と。
使用する車両はキハ11
meisho11.jpg
meisho12.jpg
キハ11は東海管内でしか見られないので、わしには珍しい部類に入るかな。残念ながらキハ40はこの改正で東海管内から消え去ってしまったので、改正前に来るべきだった!と思っても後の祭り。で、さらにツイッター情報によると、この日にキハ40の回送があったそうな。惜しい。

meisho10.jpg
車体側面に銘板があって、撮りやすくていいですね(テツ視点)。
車内はこんな感じで、ボックスシートとロングシートの混在。
meisho13.jpg

meisho14.jpg
運転台あたり。これも料金箱が収納できるタイプのようですな。で、名松線でこの光景はある意味レアです。貫通ドアが使われている!ということで、ワンマンの看板が付いているけど・・・
meisho18.jpg
な~んと、2両編成で、なおかつ車掌乗務というスペシャルな運行形態になってました。そして、車内アナウンスで思わず「この列車は家城駅まで」と言った瞬間に「伊勢奥津駅までです」と言い直したことを聞き漏らしません。6年半も家城駅までだったんだからしょうがない、というか不通期間の長さを物語ってます。

わしが乗り込んだ時はガラガラの車内だったのだけど、亀山経由の関西線が到着したりで、満員御礼状態に。途中の駅から復旧イベントでハイキングが開催のようで、それに参加の方々、キッパーらしき人々などなどで通路にも人が立っている、満員列車に。
ボックスシートに座ってしまったために、身動きが取れず・・・。帰りの折り返し列車は立っていきました。

途中の駅の横断幕。
meisho19.jpg
meisho35.jpg
わしの文章力では伝えられないんだけど、めちゃくちゃ復旧がうれしい!この日を待ってた!!という雰囲気が車窓から伝わってきた。特に家城駅から先の不通区間では、久しぶりに列車が走っているということで、立ち止まって見ている人、手を振る人、写真を撮る人で待ってました!という感じが伝わってきた。その様子を写真に撮りたかったんだけど、なんせ身動きができなかったので。6年半はやっぱり長いよねぇ。
わしはJR東海は家城駅から先をこのまま廃線にして、バスに転換するんだろうなぁと思っていたので、改正の時刻表で「3月26日に運転再開の予定です」と注釈で書いてあったのを見て、まさか?!と思ったんですな。これを見て、27日に乗りに行ったんだけど、行って良かった。

家城駅で駅員さんが気になる物を持って行ったぞ、と窓ごしに見ているわし。それの謎は折り返しの列車で判明。

家城駅より先の不通区間は、いきなり山!家城駅までは平野部分というかどこにでもある田園風景だったのに、家城駅先は崖、川、山で、こりゃ復旧作業は大変だわ、と素人目で分かるくらいの山!
通過する全ての踏切に
meisho23.jpg
こののぼが立ててあって、ここでも6年半の長さを感じる。不通期間は一時停止する必要はなかったものねぇ、列車走らないから。2月16日から乗員の訓練が始まっていたみたい。
この写真は伊勢奥津駅からすぐの踏切で撮ってきた。

終点の伊勢奥津(いせおきつ)駅に到着!
meisho20.jpg
ここで2両分のお客さんが降りるので、駅はごった返していた。
meisho21.jpg
meisho22.jpg
賑わってます。駅前の近くの広場では物産市があって、川魚の塩焼きとか名産品を売ってた。わしは川魚は苦手なのでスルーしてしまいましたが。

meisho26.jpg
どれだけうれしいことなのか、このポスターでおわかりでしょうか。わしが以前、来たときはまだ津市ではなかったけど、いつの間にか津市に合併されていたのね。でも、考えを変えれば津市に合併されたことによって財政力が大きくなって、復旧の後押しになったのではないだろうかねぇ。
meisho25.jpg
そして駅ののれん。帰って参りました!

駅前には、バス代行のバス停の時刻表には名松線のダイヤが掲示されてました。
meisho27.jpg

伊勢奥津駅で降りて、道向かいの古い建物で何か売っているみたいなので、行ってみたら、入り口でライ麦パンを売っている出店が。見た感じ本格的なライ麦パンで、幾種類かあって、自分用にシンプルなライ麦パンを、実家へのお土産にレーズンとクルミが入ったライ麦パンを買った。帰ってきてから軽く焼いて食べたんだけど、もうこれがすごく本格的なずっしりと重量があるライ麦パンで、酸味があってめちゃくちゃおいしい!!バターではいかん!と食べ進めるのを我慢して、クリームチームを買ってきて翌日に食べたんだけど、これがめちゃくちゃ旨し!もう2本くらい買ってこればよかった!とめちゃくちゃ後悔。実家のお土産の物も、翌日にカッテージチーズとジャムで食べたらめちゃくちゃおいしかった、と母からメールが来た。
そして後悔ポイントがもう一つ、ショップカードをいただいてくるのを忘れた!!!なので、店名がまったく分からない。もう一度食べたいよ~~~。
また行くしかないな!でも、出店がこのときだけだったかも。惜しい。「F」が最初に付いていたような気がする。ご存じの方、是非ともわしに教えてください。

パンを買って、踏切の写真を撮って、折り返しの列車に乗ります。行きの反省から前面展望を見るために、運転台の後ろにスタンバイ。
東海管内の料金箱も撮っておかなきゃな・・・
meisho31.jpg
と、料金箱を撮っていたのだけど、上に載せてあるのは、もしや・・・
meisho30.jpg
わ~い、みんな大好き(かどうか分からないけど)なタブレット!!いつ以来のタブレットか忘れた位、久しぶりに見た。
なんでここに置いてあるんじゃ?と思ったんだけど、運転手さん「珍しいから写真を撮れるようにここに置いてます」と。うわぁ~、テツの心理を分かってらっしゃる運転手さんです。このとき乗った列車の運転手さんも、車掌さんも非常にフレンドリーで、この満員列車や(たぶん)テツっぽい人が押しかけている様子を楽しんでいるような感じがした。そのせいか、満員列車でも心地よく、ギスギスした雰囲気もなくほんわりした感じだった。

meisho32.jpg
このタブレット、ガラケーが付いてました。タブレットだけどっかに行っちゃうのか?な訳ないか。
写真を撮りやすいようにか、運転台にタブレットを。
meisho33.jpg
運行中はドアの所に引っかけてあったけど。

6年半ぶりの運行ということで、運行マニュアルが各駅間であって、それを参照して運転していた(はず)。
meisho34.jpg
このマニュアルがすごくて、減速や加速の目印ポイントが書いてあるんだけど、きちんとその通り。当たり前な話ですが。本当にカーブだらけ。時速35キロ制限だらけ。

meisho37.jpg
タブレット交換がある家城駅に到着。
meisho36.jpg
あ!タブレット持っている!

行き違い(タブレットを交換せんならんからね)のための停車時間に写真撮影。
駅舎や駅名標などなどを写真撮影。家城駅には列車を見に来ている人がいたりして、活気があった。
行き違いの列車が来て、2両並んだところで写真撮影。
meisho39.jpg
行き違いの列車が来たと言うことは、そうです、アレです。
meisho40.jpg
タブレット来た!

やってきたタブレットの撮影会(笑)
meisho41.jpg
今度もわざわざ発車までの間だに料金箱の上に置いてくださって、写真を撮ることができた。やってきたのは黄色黒色テープバージョンで、こちらもガラケー付き。
運転手さん曰く、JRでタブレットを使用しているのは名松線のこの区間だけ、だそうな。タブレットファンは是非とも名松線にゴー!乗らないと分からないから、乗車をオススメします。

そのまま前面展望を見ながら松阪駅に到着。わしが立っている近くのお兄さんが、お友達の方に鉄道写真を見せていたのだけど、ちらっと見えたのが「真幸駅」の駅名標でビックリした。人見知りではなければ、お話を伺いたかったのだが、わしにはそんな勇気はないので残念。
人見知りでなければ、ああいった場所でテツな知り合いが出来て、テツ話で盛り上がれるんだろうけどなぁ。

松阪駅に帰ってきました。
いやぁ~本当によいテツ旅でした。満員列車でいつもなら、ヘトヘトになるんだけど、それもなくニコニコ顔で帰ってきました。
meisho44.jpg
「快速みえ」まで時間があるので、駅の写真を撮ったり、
meisho43.jpg
改札の様子を写真に撮ったり、いろいろすることがありますわ。
meisho46.jpg
券売機で印字を見るために入場券を買ったりもしました(笑)。熱転写できれいだったけど、博多南を超えるほどではなかったな。

駅前でポンチョか?!と撮ったバス。
meisho45.jpg
とうとう、バスまで撮るようになったのか・・・と自分に絶望をしながらも、ロングの2ドアバージョンか!とか考えていたりもしている(笑)。(自宅に戻ってきてポンチョのカタログでチェックしてしまったわ)

松阪駅の改札内の様子
meisho47.jpg
トラディショナルな駅でいいですな。「快速みえ」の名古屋方面行きは改札出てすぐ、なので便利です。
meisho48.jpg
東海管内でよくある駅時計。

こういう妙な写真を撮っているからなのか、駅の待合室で待っていたら「名松線に乗ってた人でしょ」と東京から名松線を撮りにきていた人に話しかけられた。その方もわしと同じ列車で往復していたらしい。どこで見られているか分からないものだな。

帰りに乗った「快速みえ」は栄えある1番
meisho49.jpg
meisho51.jpg
こういう変な場所の写真を撮っているのも見られているんだろうなぁ・・・。
満員列車で名古屋駅に戻ってきたのだけど、名松線の時にはなかった疲れが。伊勢鉄道線の課金アナウンスは結構、頻繁にあるのねぇ。「18切符や特定の切符は~」というアナウンスがあったけど、特定の切符が何を指しているのか気になるけど、JapanRailPassかな。でも、いきなりここから別料金です、と言われたら何か起きたんだ?と思うよねぇ、たぶん。

疲れたので、名駅をあたりでウロウロする予定だったけど、疲れたのでそのまま空港バスに乗って、空港へ。空港ではMRJが外にいなくて、給油ノズル付きの空自UH-60Jがホバリングをしていたので、何かテスト中だったのかをしていただけ。
帰りましたとさ・・・。このときはまた同じ週に帰省するとは思ってなかったが。

帰りの飛行機は最近の銀色だった。
meisho52.jpg
6月にも新しいのをお迎えするようで、何色になるのか?全色コンプリートが難しくなるねぇ。

最後におまけ。
帰りの機内でも時刻表のきっぷの案内を熟読しすぎて疲れてしまい、ヘトヘトで博多駅に着いたのだが、これを見てわし復活!
meisho53.jpg
ちょっと、奥様!!ゴミ箱が本州準拠の中の見える物になってますわよ!でも前面だけが透明になっているあたり、九州の変なこだわりが見えるような、見えないような。先行事例(?)から学習しているのか、ゴミの種別について明瞭化がはかられてますね。ステンレスに文字を書くと、視認性が低くなるので、黒字にしてから白文字なので見やすいです。上の部分が斜めになって、投入口が入れやすいのも以前の九州のゴミ箱を踏襲してて、良い感じです。だいたい九州バージョンはこのゴミ箱のように、上の部分が三角でゴミが投げ入れやすい、投入口が分かりやす角度になっているんだよね。のぞき込まなくてもいいのが、一手間を省いて良い感じなんです。

ついでなので、ゴミ箱コレクション。
JR東日本
meisho62.jpg
わしが勝手に次世代ゴミ箱と呼んでいる、日本語・英語の二カ国語表記バージョン。

JR西日本
eva38.jpg

JR東海
meisho00.jpg

JR九州
meisho61.jpg

近鉄
meisho60.jpg


JR四国とJR北海道のゴミ箱の写真がまだないので、写真を撮りに行きたいけど遠いわ。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。